[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

フェライトコア


私は、足のないクワガタと勝手に言っている。(笑)

映像の世界ではとても話題にのぼっている。何故オーディオマニアは一部の方しか気が付かないのだろうか。目は確かに耳の何万倍もの感度があると言われている。

人は自分のオーディオが極限まで来たと感じた時、更にもっと高嶺に登れないかを考えあがくものである。少なくとも私はそうだった。

ウエスタンスピリッツはもう、大がかりな事はやり尽くしたと思っていた、しかしまだ気になっている所はたくさんある。

しかし、フェライトコアの情報は確かな人物からの提案だった。しかも安価で確かに効きそうである。

映像の世界では有名なデジタルノイズ(高周波)対策である。しかしその影響は低い低音に迄及んだ。オーディオが極限まで来た今ならば効く筈である。なぜ今まで気付かなかったのだろう。

秋葉原の秋月電子へ行って大、中、小100個購入してきた。とても安かった。色々調べたが、TDKは同じスペックなのにえらく高い。

それをノイズカットトランスの前後や、電源、ライン、スピーカーケーブルにパチンパチン距離を気にしながらはめて行くだけである。実に簡単で楽しい。

私は家内に聞いていてもらいながら次々とはめて行った。作業している私には分からない、すると、一つ増やす毎に、音はクリアーになるのがハッキリ分かると言う。

そして私は、リスニングポイントに戻り、アナログでビゼーのカルメンを聞いてみた。

みなさん!驚きの効果である。但し他のオーディオシステムでも何軒か付けてみたが、あまり上手く鳴ってないシステムに付けてみてもほぼ変化なしである。これで分かった、何かを施して変化のないシステムは、まだウエスタンスピリッツの様に違いが分からないのだと。

極限まで来たウエスタンスピリッツでは絶大なる効果があったのである。

エネルギーロスの低減対策や、邸磁束ノイズカットトランス、電磁波対策シート、そして今回のフェライトコアはシステムがかなり鳴っていないと、その効果は薄いと思った。

つまり、エネルギーロスをしっかり減らす事に成功していれば、かなりの音を鳴らせる事は経験で分かっている。

私が新居でやった実験総ては、異次元のオーディオ構築である。大がかりな事をしていなかった前の調布の賃貸マンションでは、既にかなりの異次元サウンドをウエスタンスピリッツは鳴らしていた。

今は、私にとって秋の刈り取りの次期であり、オーディオ人生の集大成である。

今、心に爽やかな秋の風が吹いている。

ありがとう、フェライトコア。

しかし、ウエスタンスピリッツはこんなもんじゃない、まだまだ先へ行くよ。

プロだからね。遊んでいる時間はない。54歳である、もう残された時間は少ないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です