[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオは再生音

それを忘れてはならない。オーディオは突き詰めれば突き詰める程、録音現場で録られた音の再現でしかない、それ以上でもそれ以下でもない。

みなさんは、それをご理解していないので、様々な悲劇が生まれるのである。

「生を越えたい、もしくは、越えられるのではないか」良く聞く言葉である。別の意味でならば確かにオーディオはそれが可能である。それは録音現場で起こる様々な間違い、ミステイクである。それが後に伝説の録音として人々に伝わり、神格化する。

生とは違った明らかに異様と思われる音が、時に、ステージやスタジオの床やマイクを介し録音されている。しかし異様であるその音もやはり録られた以上は、再生されないといけない。日本盤のソフトは、その異音をご丁寧に消してしまうからフィルターがかかり、つまらないのである。

システムの異常でその音階だけが増幅され鳴ってはいけないが、その音を消す事は他の素敵な音までフィルターにかけてぼかしてしまう事になる。

いかにぼかさず正攻法で鳴らすかである。真に鳴った音には好みすら存在しない。ウエスタンスピリッツはそこまで行きたかったのである。

ジャズ向き?クラシック向き?JPOP向き?そんなもの何処にも存在しない。鳴っていないシステムがへんてこな音を作っているだけである。

オーディオは総てが正常に動作すれば、正常な音が鳴る。しかしそんな音もまだ何処にも存在しない。

でも現にウエスタンスピリッツがある。自分で話すのも馬鹿みたいな話だが。鳴っているものは仕方がない。

それをご理解願う為にこのブログを立ち上げた。過去の失敗談も含め、お暇な時にこのブログを最初から総て読んでみてほしい。何かの参考程度にはなると思う。

因みに私は今、DENONのDL-103は使っていない。オルトフォンSPUA/Eを普通のヘッドシェルに付けて聞いている。

それは何故か?やはりアナログを極めて行くと最後は、選ばれたる優れたSPUA/EかG/Eの1973年製に至るからである。

オーディオが一番華やかだった頃である。今のオーディオがとうに忘れた、甘さのないふくよかな気品の高い音が聞ける。

しかし、探してもなかなか程度の良いものはない。優れたSPUが見つからなければ、音はとろいがDENONのDL-103は安価で優れている。

話しはそれたが、究極は録音現場で録れた音の再現でしかない、それがオーディオである。オーディオは録音された再生音だからである。

それを歪めず再生すれば良い、しかし、これが様々な理由から困難を極めるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です