[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

コーラルAH-500に施した

聞いていて段々と更に違和感が出てきた。贅沢な話だが、ドライバーの音に今までとは違った附帯音を感じる。残すはホーンだと思った。

施した効果は、そのものを叩いてみてもあまり分からないが、音楽を聞くと違いが明らかになる。

この発想は、プラ粘土やエアコンのパテやブチルゴムを張り付けたりするのと狙いは似ているが、その効果はまるで違う。

エアコンパテやブチルゴムは、そのものの響きを悪い方へ殺してしまう、そのわりには狙った附帯音への効果が薄い。よって音は鈍く汚くなる。

しかし、そのものの性能を壊さずに要らない音を除去してくれて、スピーカーユニットならば、他のユニットとの繋がりを改善してくれるのである。

しかし、今回はホーンの上の部分だけだが、やはり効果は凄かった。スピーカーシステム全体の音圧が上がった気がする。そして、やはりクリアーで静かになり、低音は更に下に太くのびて早くなった。

臭いや湿度を吸収除去してくれるのは、もう有名なお話である。他には殺菌効果や妨黴(かび)対策や防虫対策にもなるのは有名なお話だ。

その効果はかなり長きにわたる。多分ずっと効果はあるだろう。

よく備長炭をスピーカーボックスの中にたくさん入れている方がいらっしゃるが、備長炭は大き過ぎてやらないよりはましだが、あまり音への優れた効果は少ない。これは過去に私が実際にやってみた。

シンバルの音が完全に良い方に変わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA