[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

コーラルAH-500の上に対策

先にホーンの上部総てに実験をしていた。

すると想像どおり、確かに効果が違う事が分かった。ボックスから来るウーハーからの振動もあるし、ドライバーからの影響もあるのだろう。

その効果はやはり全帯域に及んだのである。コーラルAH-500は鋳物である、特殊な砂(今は、とってはいけない事になっている)を張り付け、抑振処理(デッドニング処理)をしてある。しかし時代は進んでいる、更に高嶺に登りたかった。

結果、音はスッキリして、重厚になり分厚くなったのである。特にツィーターとの繋がりが抜群に改善された。

となれば、もっとたくさんホーンに張り付けてみたくなった。

もう気が付いているメーカーはたくさん存在する事も分かった。

抑振対策は電磁波対策より大切である。施した効果はむしろ先に行っていたアルミシートよりも効果がある。そして、施した後の効果は、電磁波を反射させるアルミシートを外すと、むしろ音は鮮やかで優しくなる。アルミシートを被せると音の鮮度が落ちる。

アルミシートでは、電磁波は止まらない、むしろ反射させ、中に閉じ込め、減衰を待っているだけである。

ちゃんとした驚きの根拠があったのである。効果は確実にある、そしてデメリットは、電気を導通させるので、ショートさせない様に気を付けなければならない事だけである。

次に、汚いので、見た目を気にされる方にはあまり向かない、これだけである。

アルミ箔の様に単に電波を反射させるのではない。

効果は素晴らしいし、驚異的である。各自で施す場所を考えて、実際にやってみてほしい。

凄いことになるのは明らかである。分からなければこのブログに総て書いてある。総て読んでいただき、参考にしてほしい。

しかし施して違いが分からなかったら、オーディオは出来ないと思う、その位の変化である。

世間のオーディオは間違いなく鳴っていない、本当に笑えるレベルでしかないのである。

貴方を助けてくれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA