[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

パワーアンプをラックから下ろした

ずっと愛用のCROWN DC-300Aは唸っていた、ラックに耳を当てて聞いてみると、凄い音がしていた。振動でラックまで震えている。

特にアナログには大きな影響があると思えた。パワーアンプをラックから下ろして、唸っているトランスの振動を床に伝えない様に、トランスを板に触れない様に、赤タモの木を二枚重ねてトランスを逃がし設置した。

話すまでもなく、パワーアンプの唸りはラックからなくなった。当たり前だが、静かで柔らかくクリアーな聞きやすい音になった。

今まであった解像度の低い附帯音の様な音が、かなりなくなった。そしてラックから下ろした事により、CD迄音が良くなった、かなり影響していた事になる。

このパワーアンプはラックマウントなので、鉄のL字金具を使って、アングルを組んでみようと思った。そこにしっかりネジで留めてみたら、更に良い音になる筈である。そして下には分厚い木を二枚重ねて設置する。

パワーアンプは他の機材と一緒のラックに納めてはいけない。

ウエスタンスピリッツは一ヶ月無料貸し出しのリッツ線のモニター応募を始めました。
>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA