CROWN D-150A のVR外し

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

マルチのレベル合わせにはとても便利な機能だと思うが、経年変化でガリや接触不良が多いとお客様からご指摘があった。

ならばボリュームを飛ばし、ケーブルをダイレクトに入力端子へ繋げれば快適になる。

しかし、その時に忘れてはならないのが、外したVRの代わりに置き換えて繋がなければならない抵抗である。私は入力に25kΩを並列に繋ぐ事にしている。

以前、何も知らずに、ただボリュームを外して聞いていたら、低音に附帯音の様な異様な音があり、ご試聴に来られた知り合いに教えていただいたのである。

入力インピーダンスを元に戻すのはとても大切な事です、アンプの回路の素子の動作点が変わってしまうからである。

まともに動作しなくなると言う事は、危険もはらんでいるし、音もまともにならない事を意味していると思う。

それとプリの出力インピーダンスとの兼ね合いもある。プリまでまともに動作しないと言う事になる。

パワーアンプのボリュームは、ただ単純に外せば接触不良が減り、音が良くなる訳ではない。ちゃんとやろう。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA