[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スピーカーケーブル。

スピーカーケーブルも正直かなり試した、結論から話すと、太さではない、優秀な線を探しそれをどの様に料理するかだ。
私は先ず、数ある所有の中から、いつも使ってきたウエスタンの1920年代の0.6㎜シルバーを選び、それをプラスマイナスに使い、各々単線から同じ数の比率で増やしていった、特に、四本目までは劇的に変わる、そこから先も六本、八本、十本、十二本、十六本と確かに変化してゆき、二十本になると殆ど変化はしなくなった。
そして私は、四本が全帯域にわたり一番優れていると思った、しかしまだ、どことなく甘い気がした、そこで四本同士を軽くねじってその上から絹を強く巻き付けて作った、聞いてみるとナローレンジで、中域よりで解放感がないと感じた。二~三日聞きながら考えていた、オーディオから頭を切り離し、システムを観察した、これはひょっとして…
マイナスの線だと思った、ラインケーブルはマイナスに太い単線を使って成功している、スピーカーケーブルも似たような感じなのでは?と思い、プラスをシルバー四本マイナスを1.2㎜の単線で今度は平行に作ってみた、駄目だ、曇っている、後はもう一本ウエスタン16GAがある、電源もスピーカーケーブルも抵抗はない方が良いのでは?と思い、先のと同じに作ってみた、こりゃ凄い、全くくもりがなく晴れ渡り、しかも明るくならず、切れが良い、それではと16GAを電源と同じにプラスマイナス共に単線で同じ様に作った、駄目だ…暗い全く使い物にならない。
そして次にシルバー四本プラスと16GAマイナスで作ったケーブルを今度はそれぞれをあわせてよじって作ってみた、駄目だ、やはりナローレンジになる。
そして今のシルバー四本プラス、16GA単線マイナス平行スピーカーケーブルが完成したのだ。
実際は書ききれないので今回パスしたが実にたくさんのケーブルを作り決定しているのである、ただウエスタンケーブルを買ってきてウエスタンケーブルをさも分かったような事をほざいているアホがたくさんいる、ケーブルをなめてはいけないし、そんなに簡単に分かるものではないだろう、私はそう思う。
実際にそう話している人の音をかなりたくさん私は聞いたが、話している様な音など微塵も鳴ってなかったし、先ずは良い音を鳴らしていない、私はこう思う、アンプならばプリとパワーで二十万円スピーカーは無理をしてでも大型システムを、それさえ使っていたら、何でもピカ一に鳴る、ある程度は…最後の最後まで一切の妥協をしない事だ、その妥協とはお金ではない、精度の事だ。
生意気かも知れないが、私のスピーカーは今は鳴っている、一度時間をとり聞いてみてもらいたいと思っている。
誰にでも分かる、オーディオなどやってなくても絶対にわかる。
色んな事をたくさんやっていれば、殆どが失敗の連続、でもおなじまちがえを繰り返さない事が大事です。私は関わってくれた人の音を自分の経験から正しい方向へ導きたい、オーディオは、他のこともそうだが、上手く鳴って来れば来るほど、弱い所の不備が少しずつずれていき最後はそれが強烈に出てくる、それらを一つ一つ潰して行くしか方法がないのだ。
その為に私はウエスタンスビリッツをたちあげました。
少なくも私と同じ失敗は貴方はしなくても済むでしょう?
みなさんコメントちょっ!今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA