[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

DENON DL-305発売記念モデルが鳴り出した

繋いで五日目である、やっとまともになってきた。針圧を1.5gからメーカー指定の1.25gにしてみた。

情報量が格段に増えた。その理由の一つは、ウエスタンスピリッツが使用しているトーンアームにある。オーディオテクニカのAT-1005Ⅱなのである。

このトーンアームは3gまで針圧調整が出来る事になってはいる。しかし、多分形状から推測するに、軽針圧を得意とする筈である。

値段は安価だったが、とても反応の素早いトーンアームなのである。しかし多分、今製造し再販すると16万円にはなると推測される。

今回、このトーンアームにオルトフォンSPUよりDL-305発売記念モデルが上手くバランスしたのも原因の一つと言える。それにしても芯のあるしっかりした音である。

心配していた音の立ち上がりは全く問題ない。実に味わい深い素敵なカートリッヂである。

少ししたら、DL-103も復活させて聞いてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA