[ お知らせ ]
2019年3月8日より、クレジットカード決済に対応いたしました。対応可能なカード等の詳細は、ご利用ガイドでご確認をお願いします。
ご利用ガイドはこちら→https://we-spirits.jp/shopping-guide

JBLでクラシックの木管楽器

なかなか上手く鳴らないと言われている、ずっとそれを妥協なく鳴らすべく努力してきた。

50年代のコルトレーンやマイルスなど、元々独特な録音のジャズは鳴らしやすいが、個人的に本来のJBLの音ではない。

ずっとそう信じてきた、そして結論から話すと、その思いは間違えていなかったことになる。

クラシックの木管楽器は交響曲の中にありながらも、広がりを伴い強く滑らかに前へ出てくる。

それらが上手く鳴ると、全く違うジャズが顔を出したと言えば分かりやすい。

JBLの中音域は元来は薄い、それがうるさく薄く嫌だった、ウエタンスピリッツはLE85を使っている。

オリジナルのダイアフラムは何度換えても左右が揃わず、音がうるさい。

なので少し冒険だったが、ネットで評判だったへら絞りのUSAラジアンのダイアフラムに交換した。

なるほど、歪みも感じなくなり、左右の音が揃い、ウーハーやツィーターとの 繋がりはかなり改善された。

よって中音域は嫌らしくなく穏やかに前に出るようになり、中低域が弾むようになった。

これはマルチシステムになった今でも、LCネットワークでも変わらず同じ結果である。

JBLのオリジナルダイアフラムは、作られたその時代は新しく良かったのかも知れないが、今となっては、やはり時の流れを感じざるを得ない。

しかし、オーディオやるなら、やはり、マルチに挑んでほしい、情報量がまるで違うからである。

我が家で実際にウエタンスピリッツサウンドを聴かれ、皆さん驚いていらっしゃる、ならばもう少し騒いでくれても良いのではと正直思う、しかし私本人を含め、この音を文章にすると嘘臭くなってしまう。

私本人はまだまだだと思うが、この凄さは言葉や文章にならないと皆さん、口を揃え言われる。

最近思うようになった、総ては新たなリッツ線になってからである。

JBLからクラシックの木管楽器はしっかりと鳴るのです、少なくともウエタンスピリッツサウンドでは。

しかしどこで聞いてもクラシックの木管楽器は、JBLでは薄いと言わざるを得ない。

JBLからジャズばかりでなく、素敵なクラシックの木管楽器を鳴らしましょう。

待っていてもいい音にはなりません、天地が過ぎ行かぬうちに鳴らすのです。

鳴ったらあなたの知らない、更なる真実のジャズが聴ける、私はそう思う。

今、目の前で鳴っているこの音は幻ではありません、確かに鳴っています。

本日の珈琲はゲイシャ、流石である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA