珈琲は健康飲料

私は毎日、起きて直ぐに白湯を飲む、そして最近、家内が淹れてくれた珈琲をほぼ毎日飲んでいる。

毎朝ちゃんとした珈琲を飲む事で、つうじも良くなり元気になる。

この時大切なのは、しっかり淹れる豆の分量を正確に計り、そのつどミルでひくことである、我が家はカリタのミルを使用している。

そして豆に拘る事が大切である、しっかりした珈琲豆販売店は、自家焙煎で煎ってから三日後(飲み頃)になってから販売している、そして直ぐに売り切っています、一度にたくさんは焙煎していません。

そして必ず亜硫酸ガスを抜いてから、冷蔵庫で保管されている。

つまりまともなお店では、焙煎した珈琲豆を常温で保管などしていない。

そしてネルドリップが美味しい、紙のネルは旨味を吸い取ってしまう、珈琲豆を蒸らす時お湯をそそぐと、珈琲豆がかなり膨らんでくる、一分ほど蒸らして80℃のお湯をそそぐと、細やかな泡が丸くモッコリ盛り上がる、これがまともな珈琲豆販売店で購入されたものです。

これが本来の珈琲である筈だが、殆ど拘って販売されてない、一度に大量に焙煎してしまっている。

それどころか、豆をミルでひいてから袋に詰めて販売しているお店もある、お客がそれを指定されたなら仕方がないが、ひいてしまったら、三日間しか香りがもたない。

そして飽きないように好みの豆を数種類購入しておき、その日の気分で色々飲み、二週間から一ヶ月程で飲みきるような拘りも大切である。

豆の種類も大切であるが、やはり保管方法と、しっかりした管理がものを言うと思う。

美味しいと脳が感じると、人は幸せな気分になり、自ずと元気になってくる。

皆さんちゃんとした珈琲をのみましょう。

珈琲は健康飲料なのです、ミルクや砂糖を入れて飲むのは昔の飲み方、今はいい珈琲豆が日本にも入るようになりました。

そのままブラックが美味しい、あつあつでなければ珈琲じゃない、そんな事はありません、美味しい珈琲は少し冷めた頃が飲み頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA