ホテルショー&ボジョレ


15日木曜日昨日の事である。

二年前Peugeot 308GTラインを購入した、今でも一度の不具合もなく元気に走っている。

トルクが強く乗り心地が柔らか、とにかくいい車である、名前は(リオン)ライオンのフランス読みである、家内が名付けた。

その会社はたくさんの車メーカーを扱っている、本社が毎年開催してるホテルショーの案内状が届いていた。

販売して下さった若きホープYさんは待っていてくれた、若きホープとは言っても、彼は二十代だが今や店長代理に昇格している。

今時の若者風だが、なかなか機転がきく方である。

若いのだが言葉を良く知っていて、私のようなおっさんの話にもしっかり付き合ってくれる、何時も感謝している。

今回も楽しかった。

そしてボージョレ解禁の日である、ホテルショーから帰り、早速何時もお世話になってるレストランへ行った。

フランス車に乗ってボージョレ、少しかぶれてる気もするが、それはこの際、忘れて欲しい(笑)

最近、ワインの作り手が上手になり、ボージョレは美味しくなった、ボージョレは樽に入っていた。

昔のボジョレはただ値段が高いだけで、酸っぱくてパンチもなく味も薄かった、しかし作ってる所が多く、倒産するワイナリーが増えているらしい。

今年も味が濃くフルボディのように感じた、ボージョレは一杯でいいと思っていたが、美味しかったので、デキャンタで二つ注文してしまった。

そして普段飲んでる、シャブリを頼んだ、サッパリしてやはり美味しい。

普段飲みは、フランスのシャブリかイタリアのソアベがいいと思う。

最近ケーブル作りに明け暮れていたので少し疲れていた、とても楽しい一日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA