久しぶりで体があいた

今日は何にもする事がない、家内は階下でテレビを観ている。

私はリスニングルームで片付けをしたり、プリアンプの位置を移動したり、レコード鑑賞をしていた。

こんな時間は、何ヶ月ぶりだろう、当たり前だがとても良いものですね。

特に良いことも悪い事もないありふれた日常、色々振り返ったり、これからの事を考えたり、そしてまた何かが閃きかける。

それにしても今年は、母の事や色々あって火のついたような日々だった。

気がつけば父が亡くなり、来年の六月で三年になる、早いものです、最近やっと父が過去の人となって来ましたが、思わない時はありません。

「こんな時、父ならどうするだろうか?」そんな事ばかり考えます。

「もし生きていたら一緒に聴いただろうか?」とか、父はグレンミラーが好きだったようです。

こんなことすら忘れていました、でも心にポッカリあいてしまった穴は、塞がりません。

居なくなったら分かります。

本日の珈琲はイエメン、旨味たっぷりで、少し独特なスパイシーな香り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA