[ お知らせ ]
2019年3月8日より、クレジットカード決済に対応いたしました。対応可能なカード等の詳細は、ご利用ガイドでご確認をお願いします。
ご利用ガイドはこちら→https://we-spirits.jp/shopping-guide

ノイズカットトランスは必要ない

私もここへ越してきた当時薦められずいぶん特注して使ってきた、その数全部で九台繋ぐ度音は確かに変化してきた、そして結果をブログに公開していた、もう結果は火を見るより明らかです、ノイズカットトランスを繋ぐとその度音がボケる、私は全部の機材に繋げないと本当の結果が出ないと思い機材全部に繋げた、結果家内はこう話した『あの人の話す事は全て音をボカす方向だよ』と。

『成る程』と思った、彼の部屋で聴いた吉幾三は音がボケていてまるで土管の中で歌ってるようだった、そしてオリジナルのレコードをたくさんもって来て私に聴かせた『これが真実だ私のシステムはエールやYLを使っているから真実しか鳴らない』と、しかし全部鳴っていなかった、総じて音の鮮度が足りない。

笑ってしまった、しかもこちらは時間がないと言っているのに…ますます酷い音を露呈するだけだった、オリジナル盤しか鳴らないならそれは最早オーディオではない、単なる金持ちの道楽にしか聴こえなかった、しかもオリジナル盤の音が良くない、これではお話にならない。

『もうこの人と関わってはいられない』そう思った、その人がノイズカットトランスを私に薦めた張本人だったからだ、私はノイズカットトランスをシステム全部から一つずつ聴きながら外した、結果一台外す毎にボケた音はなくなり、全部外すと元より遥かに聴きやすくなった、家内は言った『外した音の方が私は聴きやすい』と。

音をボカす耳を持った人それは確かに存在する、あまり耳を貸さない方が良いと私は思う、確かにその方はウエスタンスピリッツのケーブルを使っている、しかし常にボケた音の方向、ウエスタンスピリッツとは真逆の方向だった。

ノイズカットトランスには全部トランスケースを加工するシールドを施していた、ケーブルも私を信じないで自分で揃えたベタベタなテープを張り付けていた、そしてエール音響のボックスは密閉型そしてそこだけ何故だかご自分で業者に依頼したケーブルを使っていた、そのケーブルをいくら指摘しても替える気はない、当然のように低音が全く鳴らない、今はお付き合いはないが、エール音響のウーハーボックスをバスレフにして、スピーカーケーブルをウエスタンスピリッツにすれば低音は間違いなく鳴ります。

理由はハッキリしている、バスレフにするのは間違いないとしても、そこだけ違うケーブルでは他と同期しないからだ、そして私にイシノラボのマルチシステムを薦めておきながら自分では購入しない、歳だし色々動かすのに疲れたらしいのです、エール音響やYL音響は4ウェイともなれば間違いなくマルチに挑む筈である、そうするものなのですそれが普通です。

そこも自分で作ったLCネットワーク、鳴る筈がないのです、そしてアンプはクレルの最高級のアンプである、帯域バランスを何度も我が家に聴きに来られこう話していた『こんなJBL聴いた事がない今まで聴いてきた中でもナンバーワンだ』と、思っていた『何故そうしないのだろうか?』しかしその最後の最後のところを彼はどうしても信用しないのです。

クレルのアンプとは昔アポジー等のコンデンサースピーカーを鳴らす為のインピーダンスの低いスピーカーを鳴らす為のアンプなのです、エール音響やYL音響等の高能率のホーンスピーカーを鳴らす為のものではないのです、何故何時までもそこに気付かないのか私の想像をこえるのです。

逆にノイズが増えるのは当たり前だと思います、そしてよく故障してお金を支払いメンテしてもらっていた、私ならそこで気が付く、余計なシールドをしたり回路が複雑になり結果故障が増えるのだと、そしていくらエージングしても求めた低音は未来永劫鳴らないのです。

その様な方が薦めたノイズカットトランスはやはりウエスタンスピリッツにはあわなかったと言う事ではないでしょうか、残念ですが物の本質を考えたらもう答えは出ているのです、貴方は大丈夫?同じ様な事になっていませんか?

そんなところに年齢やプライドや経験は必要ありません、ノイズカットトランスは必要ないと思います、鳴るにも鳴らないにもちゃんとした理由があるのです。

音の本質を聴き分ける、それ以前何故それなのかを良く考えてみる、答えは既に出ています、ウエスタンスピリッツはそれをただ実行したにすぎない、だから鳴るのです、ものを無闇に替えるのでなくその本質を見抜くそれこそが大切です、そこから外れた物はやはり鳴らないのです、良く考えたら答えはもう出ています。

ケーブルも同じ何故今回のケーブルが凄いのか?決めたリッツが全て導通したからに他ならない、理由は他にありません、全てのケーブルは同じでないと同期することはありません、考えたら当たり前の事なのです、多分余程私を嫌いなんだと思います。

ウエスタンスピリッツが何故鳴るのか?しっかりとした理由があるのです、だてにオーディオやってきてる訳ではありません。

床屋さんのウェスタンスピリッツケーブル体験談はこちら
体験談その1 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable.htm
体験談その2 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-2.htm
体験談その3 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-3.htm
体験談その4 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-4.htm
体験談その5 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-5.htm
体験談その6 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-6.htm
体験談その7 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-7.htm
体験談その8 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-8.htm
体験談その9 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-9.htm
体験談その10 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-10.htm
体験談その11 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-11.htm
体験談その12 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-12.htm
体験談その13 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-13.htm
体験談その14 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-14.htm
体験談その15 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-15.htm
体験談その16 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-16.htm
体験談その17 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-17.htm
体験談その18 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-18.htm
体験談その19 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-19.htm
体験談その20 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-20.htm
体験談その21 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-21.htm
体験談その22 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-22.htm
体験談その23 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-23.htm
体験談その24 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-24.htm
体験談その25 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-25.htm
体験談その26 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-26.htm
体験談その27 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-27.htm
体験談その28 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-28.htm
体験談その29 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-29.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です