[ お知らせ ]
2019年3月8日より、クレジットカード決済に対応いたしました。対応可能なカード等の詳細は、ご利用ガイドでご確認をお願いします。
ご利用ガイドはこちら→https://we-spirits.jp/shopping-guide

音質改善は大変

例えばもっと低音を引き締めたいと思ったとします、みなさんウーハーを気にします、そのままズバリで合ってる事もあります、しかし大体は違うのです。

高中低総てが一つになって三位一体となりスピーカーシステムは構成されています、これら総てが絶妙に揃ってはじめてスピーカーシステムになります。

みなさん分かってるつもりでしょうが揃っていません、私は自作LCネットワークで地獄をみたのでよく分かるのです、帯域バランスがとても大切です。

メーカーのスピーカーシステムはその点揃っているので鳴らしやすいと言えます、しかしそこに高域をのばそうとツィーターを追加したシステムをよくお見受けします。

本来ツィーターとは高域をのばす為に追加します、しかし色々経験していくと分かりますが、スピーカーシステムとは三位一体であり総てが揃って一つになっていなくてはなりません。

メーカーがスピーカーシステムとして販売されたものならばウーハーのセンターキャップの頂点のところが音源なのでそこにツィーターの音の出口を合わせれば位置はオーケーです。

後は明記された能率に合わせれば宜しいかと思います、しかし誰も揃っていません、また、自分の感覚でユニットを合わせた方はそうは行きません、ドライバーやホーンが絡んで来ます。

ウーハーは先程書いたウーハーのセンターキャップの頂点、ホーンはスロートから一気に広がる所、ツィーターはウーハーのセンターキャップの位置を割り出しそこに合わせる。

そしてウーハーを軸に能率を合わせる、これで本当に合っていれば大体はまとまります、しかし一般的にはみなさん聴いた感じで合わそうとするか、チャンネルデバイダーで、位相やレベルを合わそうとしています、これではユニットそれぞれが一つに揃う筈がないのです。

総てが揃ったオーディオの音とは端整に音が整い、それぞれが主張することなく、録音されたままに鳴る筈なのです、その特長として定位する楽器が小さい。

しかしそこまで鳴らすのは至難の業でしたが、ウエスタンスピリッツはそこまでは鳴らす事に成功していました。

帯域バランスを合わせているとき、こう思いました『そうかツィーターを追加するのはウーハーやドライバー&ホーンの音をしっかり適度に抑える事に繫がるのだ』と。

ウエスタンスピリッツはオールマルチ駆動ですので、ウーハー、ドライバー&ホーン、ツィーターを個別に鳴らしてみたのです。

まずウーハーですが800Hzから下を再生しています、モヤモヤしていて全くお話しにならない鼻が詰まったような抑えのきかない音です、ドライバー&ホーンだけの音は800Hzから8000Hzを再生しています、低域も高域もないため、全く音楽になりません、ツィーターは8000Hzから上を再生しています、エアー感を再生していると思っていましたが、普段気持ち良く聴いてる音量ではほぼ鳴って聴こえません。

しかしウーハーから一つずつユニットを足して鳴らしていくと、総てが鳴った時はじめて音楽になり、総てのユニットそれぞれの役目が分かりました。

もっと理解出来たのは、LCネットワークやマルチシステムは、教科書通りに綺麗に切れてる訳ではなく、アバウトでだらさがりに切れているのです。

更に分かった事『スピーカーシステムとはウーハーの能率を軸に設計されている』という事、なのでウーハーはハイカットのみを行い能率を触る必要はない、少しでもウーハーの能率をしぼるとスピーカーシステム全体の音質(音の鮮度)はガックリと落ちると言う事です。

そしてもっと理解出来たのは『ツィーターはウーハーの帯域まで全体を支配して低域や中域の暴れのようなものを抑えている』と言う事、即ち絶対に必要なオーディオアイテムの一つであると言う事。

安易にシンバルやヴァイオリンの高い音域を鳴らすために追加するものではないという事です、ツィーターは全帯域のバランスをとりウーハーのしまりに関係している、その証拠にツィーターだけ外すとウーハーはしまりのない鳴りっぱなしのようなだらしのない音になります。

こんな事もオーディオを鳴らすにあたり極当たり前であり、広いオーディオの中のほんの一部でしかない、この事が本当に総ての方に伝わるだろうか、でも私は一人でかまわない、伝わる事を願います。

次へ続く。

床屋さんのウェスタンスピリッツケーブル体験談はこちら
体験談その1 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable.htm
体験談その2 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-2.htm
体験談その3 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-3.htm
体験談その4 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-4.htm
体験談その5 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-5.htm
体験談その6 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-6.htm
体験談その7 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-7.htm
体験談その8 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-8.htm
体験談その9 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-9.htm
体験談その10 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-10.htm
体験談その11 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-11.htm
体験談その12 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-12.htm
体験談その13 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-13.htm
体験談その14 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-14.htm
体験談その15 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-15.htm
体験談その16 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-16.htm
体験談その17 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-17.htm
体験談その18 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-18.htm
体験談その19 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-19.htm
体験談その20 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-20.htm
体験談その21 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-21.htm
体験談その22 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-22.htm
体験談その23 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-23.htm
体験談その24 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-24.htm
体験談その25 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-25.htm
体験談その26 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-26.htm
体験談その27 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-27.htm
体験談その28 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-28.htm
体験談その29 http://www.hi-ho.ne.jp/m_sakurai/audio-cable-29.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA