[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

船橋のIさんご訪問。



昨日総て板二枚を張り合わせたラックを作り、バスマットを床に敷き、その上に一枚板を重ねて、更にその上にラックを重ねて設置した。このラックは、上下二つの構成になって真ん中で張り合わせているため、中板の高さ調整は出来ないが、ダボを使う事による音質劣化がないのである。

そしてネットワークをスピーカーの上から解放し、新たな赤タモの板に作り、下の床にバスマットを敷いた。その上にネットワークを置いてスピーカーの後ろに立てかけた。写真は上手く写らずカッコ悪くなっているが、実際ご覧になると、とてもかっこいいと思う。

しかし、思っていた様な音にはならず、本日ウエスタンスピリッツへお越し願った。

多分こう思う。スピーカーの振動から解放されたシステムは、確かにまともな信号をスピーカーに伝えた。しかし私が低音を更に下へ伸ばす為に以前行った、JBL4560の裏板を外したのが原因と考えられる。

低音が出すぎ(ブーミー)になってしまったのである。そして、赤タモの集積材は後一枚、合計三枚はやはり必要と思える。

床が頑丈とか多分そんな問題ではないのてある。ウエスタンスピリッツでも既に三枚で美しい響きが出たのである。答えはもう出ているのである、赤タモの集積材はスピーカーの下に三枚、例外はないと思う。

なので、下に敷く木材の質と密度と質量が適度な量に満たされてないといけないのだと思う。なので例えるが、軽く密度の少ないベニアならば、もっと枚数が増えると思う。

Iさんのラックは、確かにウエスタンスピリッツのものよりは響きが良いと思う。しかし、やはりウエスタンスピリッツよりも使ってる板の量が少ない、そこも関係していると思う。

とにかくこれから私が行ってきた実験を追いかけてみるしかない。やはり今日もウエスタンスピリッツはしっかり鳴った。

何をかけても本当に上手く鳴った。鳴らないレコードやCDなどないと思う。

でもIさんはこう話した。鳴らないレコードが総て鳴るウエスタンスピリッツケーブルは、本当に素晴らしい。

ケーブル単体として単に金額だけをみるとウエスタンスピリッツのケーブルは、四万円と確かに値段が高いのかも知れない。

しかし、その四万円で聞けないレコードがなくなるのは、四万円では買えないだけの価値がある。

私は正直、嬉しくて涙がこぼれそうになった。マリアカラスの声が、デル・モナコの声が、オランダコンセルトヘボーオーケストラが、こんなに気が遠くなるほど、しかもJBLで鳴るとは正直私さえも思ってはいなかった。

一言、嘘偽りなく妥協なく総てのソフトが鳴ったのである。

それは船橋のIさんも全く同意見だった。しかし私はお客様のシステムを一流の音にしてなんぼである。自分のシステムの音が良くなってもあまり関係ない。

I氏のシステムをウエスタンスピリッツ以上にする事をお約束した。

でもI氏は、三枚のレコードを忘れて行った、しかも名盤を(笑)

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA