[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

RADIANのヘラ絞りダイアフラムは本物である

説明の通り、正確なレスポンスと耐久性に優れ歪みのないクリアーな音になる。

私は交換して直ぐにそう思った、JBLオリジナルのダイアフラムに戻すと音が粗く汚い気がする。ネットで検索するとみなさんは口を揃えラジアンに交換すると物足りないと仰っている。JBL独特な音に魅せられているのだと思う。

確かにJBLサウンドは特にシンバルの音が分厚くざらつき格好いいと私も思うが、果たしてそれが本当に真実の鳴り方なのだろうか。でもJBL好きな方はそれが良くてオリジナルを使っていらっしゃるのだろう。それこそがJBLなのだと。

ただ私が特殊なのかも知れないが、主観でラジアンのダイアフラムを、熱く呟いてみたい。

なぜこんなに素晴らしいのに、少数の方にしか分からないのだろうか?個人的に不思議で仕方がない。

JBLのオリジナルダイアフラムから交換してみたが、ネットでは本来の味がないとみなさん仰っている。

では本当にライヴに行って本物の楽器に接しているのだろうか。楽器の音とは本来録音なので100%の再生は出来ない。それが私の考えである。ライヴを聞きに行くとは演奏している場の空気感も含め聞く事である。

その場でどんなに耳をそばだて楽器の音を聞いても、楽器の音とは瞬間瞬間で弾き方やミュージシャンの動きや音の強弱があり音色を変化させる為掴めない。

私が聞くのは、そのホールなり演奏している場の空気感を、人々の話し声やグラスのカチャカチャ音も含め聞いているのである。

ならば本来の音や雰囲気に、すこしでも酷似していなければならない。つまり歪んで録音された音をそのまま再生すればいい。

RADIANのダイアフラムはヘラ絞りである、振動板の真ん中が薄く、エッヂに近づく外側に行くほど振動板が分厚くなっている。と言う事は、振動板がたわむ事なく正確に前後にレスポンスする事になる。

JBLのダイアフラムをつぶさに観察すると、ダイアフラムのベイクの底は平らではなく0.5㎜程の厚さのアルミの板がネジを通す所にスペーサーとして貼ってある、つまり少し浮かせているのである。以前その隙間にハガキを入れて塞いでみた事があったが、高域は減衰したが、アルテックの様な音になった。

ここに気付いている方は少ないと思う。ラジアンは平らになっており隙間を作るスペーサーがないのである。ラジアンをつぶさに観察するとマイラーエッヂに六ヶ所?穴が空けてある。

JBLはベイクの底に僅かな隙間を作り、振動板の付加を減らして空気を逃がし、振動板を適度に制御しながら独特なシャラシャラした音質を作っていると考えられる。

話は少しずれるが、そこが中域重視のアルテックとJBLの違うところなのである。アルテックはベイクの底は平らである、そしてダイアフラムの上にも蓋が付いている、空気はほぼ抜けない、なので振動板に負荷をかける事により、音はヒャラヒャラせず強く前に出るのである。その為、高域はうるさくならない、だから映画のセリフが聞きやすいボイス・オブ・ザ・シアターなのである。

ラジアンがベイクの底を平らにし、マイラーエッヂに穴を開けたのは、オリジナルよりも更に楽に振動板を動きやすくして、JBLよりも歪みのないレスポンスとクリアーな音を狙ったと私は解釈したのである。

これはラジアンが、ヘラ絞りで製造された強固で優れた振動板を作る事により初めて出来る芸当である。

なのでJBLと音色は違うが、本当に優れてるのは多分ラジアンではないだろうか。特性にはその歪みのない結果がはっきりと出ている。

そんな立派なダイアフラムである、悪い筈がないのである、オーディオは理論さえ本当に正しく合っていれば、必ず正しい音を鳴らす。

ラジアンに交換して上手く鳴らないのは、貴方の耳とシステムがそこまでのレベルしかないと言う事ではないだろうか。そして、本物を聞き分けるだけの能力に乏しいのかも知れない。

ラジアンのダイアフラムに交換して物足りないのは、歪みのないクリアーな癖のない音になったからだと思う。多分ラジアンが真実の音だと私は思う。

私は何度もJBLオリジナルダイアフラムを購入し使ってきたが、左右の音色や音量がなかなか揃わない。ラジアンは本当に新品で購入出来るので、JBLオリジナルの様に年代の差も音色や音量が違う事もなく左右しっかり揃うのである。

USAラジアンは、多少エージングに時間がかかるが、それこそがオーディオなのである。ラジアンは一つ一つ実に厳密に製造管理された優れたダイアフラムだと思う。

左右の音がしっかり揃ったラジアンのダイアフラムが、悪い筈はないのである。でも分からない方がネットに公開し、常に真実は歪められている。昔から鳴らせない方々がこれを繰り返している気がする。

USAラジアンは優れたダイアフラムだと思う。

私は、駄目になったと思われるラジアンのダイアフラムを再び二つ発注した。

RADIANのヘラ絞りダイアフラムは本物である” に対して1件のコメントがあります。

  1. 谷本 研一郎 より:


    実に同感です。今回もドライバーを飛ばしてしまい、ラディアンに交換、エージングは気にする事は無し、始めからみずみずしい出音。目隠しをして聴き比べてください。誰でも気が付くはずです。2420/2405にも使用、だが2440がベストマッチ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA