[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

JBL4560BKの低音の鳴らし方

今までウエスタンスピリッツは、JBL4560BKから柔らかく低い低音を鳴らすために、色々な事をやって来た。しかし、もう他に方法はないと思った。

スピーカーを後ろの壁に付けて設置すると、落ち着いていて被る事がなく、素直な低音になることが分かった。後ろの壁に付けずに前に出して設置すると、何故だか低音がドライバーやツィーターの音と被り濁るのである。そして、クリアーでなくうるさくなる。

4560BKは、スピーカーケーブルの邪魔にならない程度に背面を壁に近づければ近づけるほど低音が立体的でクリアーになる。

そしてウエスタンスピリッツでは、明らかに低音がオクターブ下にのびて輪郭が出て、ウッドベースの音階がクッキリと鳴る様になった。

ウッドベースの高い音階が今までは今一つだった。今回そこも改善された。なので、このボックスに色々後付けで行って(改造)はいけない。

JBL4560BKは既に完成されたサラブレットなのである。箱鳴りは確かにあるが、このボックスはそれでちゃんとシッカリ鳴る様に設計されている。

ショートホーンの板が薄いからと、裏から抑振するなどとんでもないアホのする事である、この箱の美味しい所がなくなってしまう。

やっているならば即刻外すべきである。JBL4560BKオリジナルをご使用になっているのであれば、後ろの壁に付けて設置すると良い。

それと日本の山水等で販売されたUSAオリジナルでない商品(ボックス)は、何をやっても良い音にならない。

何故ならスピーカーボックスはそのメーカー指定のユニットを鳴らすべく作られたものであるからである。

オリジナルは乾いた、見た目は汚くフシのある米松合板であり、日本製の山水のボックスは、表面の綺麗なボードである。同じな訳がない。

JBLやアルテックは歴史が違うのである。タンノイならば尚更である。

JBLオリジナルの4560BKを後ろの壁に付けて設置すると、貴方が今まで聞いてなかった低い低音が聞ける。

貴方の成功を祈る。

過去に散々苦しんだ失敗例や、成功例がたくさん書いてある。このブログを最初から総てお暇な時に真剣に読んでいただき、間違いなくご理解願い、順序どおり同じ事を正しく重ねたら、間違いなくウエスタンスピリッツのレベル迄は鳴るとお約束出来る。

他にもシステムの音をレベルアップする方法はたくさんあるとは思う。

しかし、ご自分で正しくやってもみない薄い理解力で、無責任な発言をしてる方が殆どである。誰も分かっていない、私はそう思っている。

世間には様々な間違いが事実存在している。自分にもこんな例がある、16Ωのユニットを8Ωと勘違いして、ネットワークを組んだ事があった。

周波数は多少被っても耳で聞いて良ければいい、等と話されてる方がいらっしゃるが、それではシビアなユニット同士は絶対に手を結ぶ事はない。

その状態で鳴らすと聞いた感じは、被った感じでなく寧ろユニット各々が殺しあって周波数バランスが崩壊し、音楽にならないのである。

やはりネットワークは教科書通りに近い定数を設定し、部品を少なく、配線を短くシンプルにが、間違いなく一番音が良いと思う。

ならばJBL4560BKもボックスの構造をよく理解すれば、後ろの壁に付けて設置すると良いと言う結論に達するのである。

オーディオシステムが上手く鳴るのにも鳴らないのにもちゃんとした根拠が存在するのである。

4560BKは総ての音がホーンから前に出る構造になっている。ショートホーンもバスレフに見える四つの穴も総てホーンなのである。

そして箱自体を作りで周波数を研究し鳴らす事で、独特な太く勢いのある音色を作っていると考えられる。

総てのスピーカーシステムにこの設置方法が通用するとは思えないが。スピーカーシステムを後ろの壁から離して設置すると、音は後ろに回り込み、前面からの音と打ち消し合い、そこに在定波や付帯音が発生して、低音がなくなったり、時にはお化け低音になると考えられる。

それを世間では重低音と勘違いされている。低い低音と勘違いされている低音は250Hz付近を軸とした、100Hz近辺の大した事のない低音なのである。

それ以下の60Hz付近の周波数の音など正に風であり、20Hzの低音など楽器には本来殆ど存在しないとご理解願いたい。

驚くなかれ、殆どのシステムは、その100Hz付近さえまともに再生出来ていないのが現状である。だから旨味がなく聞いていてつまらないのである。

それは何故か?スピーカー下の床や、ラックや機材の下が軟弱だからである。

後ろの壁から離し設置した4560BKは、エネルギーロスを起こしている。

だから素直に引き締まった柔らかな低い低音が鳴らないのである。JBL4560BKから低い楽器さながらの低音は鳴ります。

この話の最後に、JBL4560BKの最低再生周波数は、驚くなかれ60Hzである。ウエスタンスピリッツはそれを鳴らしたに過ぎない。本当に凄い低音なのである。

これはもう曲げられない事実である。同じボックスをお持ちの方は、床を補強した上で試して頂きたい。床の補強の情報は、このブログに以前その総てが書いてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA