[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウェスタンスピリッツのケーブル

ケーブルは昔から随分と色々使ってきた。その結果、確かにベルデンのケーブルが、値段も音質も含め現在購入出来る市販品の中に於いて一番だと思う。

お断りしておくが、私はかなり高価なケーブルも殆ど購入したり借りたりして、実際に自分のシステムに繋ぎ聞いている。しかし、市販のケーブルは規格に縛られているのか良いものは一つもなかった。

しかし、音が乾いていて今一つ音に潤いと解放感がない、もっと優れたケーブルが欲しかった。そして私は所沢で、有名なウェスタンエレクトリック研究家のHさんと出会い、ウェスタンアンプの中のトランスからほどいた単線ケーブルの実力を知った。

Hさんに作っていただいたケーブルは0.6㎜程の単線に9号の絹糸がとても強く綺麗に巻き付けられていた。そして細いのに引き締まり固かった。

そして、市販品のベルデンとは全く違うケーブルが存在する事を知った。

繋いで聞いてみると、次元が違うのである。柔らかなまとまりのある音を再生しながらも静かで鋭く太く濃厚で整った音だった。

そのケーブルを一ヶ月聞いていてすっかり惚れ込んでしまったのである。

私はHさんを師匠と仰ぎ「同じケーブルを作りたい」と伺ってみた。そして簡単に手解きを受け、「次に来るまでにピンケーブルを一本作ってみろ」との事だった。

そして一週間後にHさんはいらっしゃった。出来上がった私のケーブルを見て、「まだ巻きが甘いけどなかなか上手く出来てる」との事である。まだオーケーではないが、俺のケーブルを越えるものが、お前ならば作れるかも知れない、頑張れと言われた。

それから二十年、紆余曲折あったが、ひたすら色々研究を重ね、今年の二月にやっと納得出来るケーブル(リッツ線)が作れたのである。

私は同じ作るなら市販品と五十歩百歩のケーブル等作るつもりはなかった。誰も研究した事のないレベルまで徹底的に研究した。

今はHさんに教わった単線ケーブルではないが、出来上がったケーブルは手前味噌ではあるが、どこかHさんのケーブルを思わせる執念と根性の様なものを感じた。

ちゃんと手を抜かずしっかり研究しただけはあると自負している。そしてこの結果には、少しずつ間違いながら、訂正しながら重ねた数々の研究結果も合わさって答えが出ているのだと思う。

ケーブルだけ取り替えてみても、オーディオは簡単に答えをくれない。総てが肝心なのである。

貴方のシステムさえ決まっていれば、ウェスタンスピリッツのケーブルは、必ず飛び抜けた次元の違う結果を得られる筈である。

そして、その時に気が付く筈である、まだまだ鳴っていなかった事に。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA