[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

色々なレーベルのレコード

個人的にあまり知らなかったが、海外には実にたくさんのマイナーレコードレーベルが存在する。

名演奏のマスターテープを大手から借りて録音し、安価で販売するレコード会社が昔はたくさん存在したのである。特にクラシックである。

ちょっと聞いた位なら分からないが、腰を据えて真剣に聞くとその差は一目瞭然だった。

テープのヒスノイズが多く、音の潤いや帯域ののびやホール感があまりない。想像するにあまり優れた機材を使用してないのではないだろうか。オリジナルを尊重し、あまり音を作ってない気がする。

それとやはり使いふるされたマスターテープでは、なかなか再現は難しいのだと思う。

当時は安価で購入出来た、珍しい数の少ない名盤も多いので、コレクターは結構いらっしゃると思う。

しかしやはり音源はちゃんとした正規のメーカーが間違いなく優れている。

色々なお国柄の音も確かにある、そこがマイナーレーベルの魅力でもある。しかしマイナーレーベルのレコードも並外れた変な録音はあまりないと思う。

ウエスタンスピリッツは、マイナーレーベルのレコードを200枚?程所有しているが、その中の何枚かは中古市場に於いて、結構高値が付いているものが存在する事を知った。

今まであまり聞かなかったが、たくさん聞いてみた。総て演奏は面白かった。

ウエスタンスピリッツは鳴らないレコードが減ってきた。しかしやはりオリジナルレーベルの方が圧倒的に音が良い。

これだけはどうにもならないと思う。しかしシステムがレベルアップした今、以前はつまらなかったマイナーレーベルのレコードも、上手く鳴る様になった。

異次元のオーディオ構築を目指していると、鳴らないレコードが減り、上手く鳴るレコードが増えてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA