[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

プリメインアンプのメリットとデメリット

メリットは一つのアンプであるため場所をとらない。配線がシンプルになる、電源が一つで済む。

しかしデメリットは、プリとパワーアンプが一つの狭いケースに収まっている為、プリ部とパワー部が干渉しやすい事である。

クロストーク(左右の音楽信号が混ざる)も起こり易い。

しかし、使ってみてセパレートアンプと比べ、そんなに音質が劣るとは言いがたい。むしろ一つのメーカーで揃ってる為、メーカーのサウンドコンセプトがハッキリ音に出る。

つまりまとまりが良いのである。あまり安価でも頼りないが、値段にして定価で15~50万円位の商品ならば問題はないと思う。

セパレートならばやはり100万円位はお金をかけたいが、中古で探せば過去にとんでもない定価だったものが安価で見つかる事もある。

これはセパレートもプリメインアンプも同じである。

しかし、どんなアンプもパワーアンプの電源トランスが唸る、これが問題なのである。

セパレートアンプならば、パワーアンプだけをラックから下ろす事が出来るが、プリメインアンプの場合、分けて設置するのは物理的に不可能である。

またそれを回避させる為に、プリメインアンプをラックから下ろしても、ケーブルが長くなり、アンプの位置も低くなるため、操作性もあまり使いやすいとは言えない。

しかし、メリットデメリットあるが、プリメインアンプもしっかりしたものならば、なかなかの音を再生出来る。電源のしっかりしたものをチョイスしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA