[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

深夜の小音量再生

とにかく何をかけても上手く鳴る様になった。今聞いてるのはアルヒーフのCDで、西ドイツ盤 バッハ ブランデンブルク協奏曲、ピノック指揮である、既に廃盤かな?

すべての音は落ち着いていて分厚く静かであるが、その音、一音一音はとても鋭いが、静かであり、鋭角でありながらも、耳に刺々しく刺さるようなことは一切ない。

「聞きやすい」その一言に尽きる。そしてウエスタンスピリッツサウンドは、中低域が太く濃く弾んでいる為、アルヒーフ盤もしっかり腰が座って鳴るのである。

セッティングがそこそこに決まっているので、よくありがちな音が左右どちらかに寄ることもない。

奥行きと広がりがあり、あり得ない位低い周波数も淀みなく再生する様になった。

いつまでも聞いていたいが眠くなった。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA