[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

まともな音

私は、貪欲です。オーディオに対する飽くなき追求は止まるところを知りません。

「これ以上やったらもうオーディオではない」と、仰られる方もいらっしゃいます。でも私は駄目なのです、もっともっと先へ行きたいのです。

余計な、オーディオアクセサリーが、どんどん外れていきます。ある程度鳴ってくると、いかに何にも付けない音が素晴らしく、オーディオ機材が完成されたものかが分かって来ます。

お断りしておきますが、一般的なオーディオレベルを、高い目線から見下している訳ではありません、私もそうだったからです。

分かってしまえば上手く鳴るメカニズムと、上手く鳴らないメカニズムは、実は紙一重なのです。

何でこんな簡単な事が分からなかったのだろう、今はそう思いますが、やはりここへ辿り着く迄の大切なプロセスだったのだと思います。

上手く鳴らない時期を過ごして来たからこそ、上手く鳴った今がとても楽しいのではないでしょうか。

でも、常にもっともっと遥か先を行きたいのです。私はこれを生業にしている訳ですから、一般の方がウエスタンスピリッツに来られ聞かれた時に、驚く様な音を鳴らして当たり前だと思っております。

でも、どこのオーディオショップや試聴室にお邪魔しても、実際、立派な音を聞いたためしがありません。

これは悲しい現実です、せめてお客様が目標にしたくなる様な、正しい音を、常に鳴らしていなければなりません。

誰もが認める音質になっていて当たり前だと私は思っております。

高価な機材からしか良い音が鳴らないならば、ウエスタンスピリッツが鳴らしたこの音は何なのでしょうか?大したシステムではありません。

ただまともに鳴らしたかっただけなのです。優れた鳴り方とは、違和感のないまともな音の事です。

これからもウエスタンスピリッツは、まともな音と鳴り方を追及していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA