[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

グランド線でアクセント

やはりバランスが大切であり、ウエスタンスピリッツはこの辺、素線の径や合わせた本数など、殆どのパターンで総ての研究をやり尽くしました。

そして、優れたケーブルを作るには、この作り方(ウエスタンスピリッツケーブル)しかないと思います。しかし、似たものを作ろうとしても、真似は出来ません。これだけ書いても未だにご理解いただけない方がいらっしゃる。

また、再度、お伝えします。ウエスタンスピリッツは、太さ0.12㎜被服単線27本を0.6㎜単線と同等と定めました。

未だに、この様なパターンの、リッツ線は、この世に存在しません。27本に束なったウエスタンスピリッツのオリジナルリッツ線です、欲しければ、大量に購入しなければなりません。特注のため少量販売はされていないからです。

その線を四本、つまり108本をホットとしました。ただ0.12㎜単線を108本を束ねても、ウエスタンスピリッツの音にはなり得ません。

そして、ここが非常に難しかったのですが、グランドに1.6㎜単線が優れている事を、たくさんの太さの単線の中からみつけました。

しかし、どんなに優れたケーブル素材を探そうと、絹を綺麗に強く巻き付ける技術がない様では、ウエスタンスピリッツのケーブルを越える事は絶対に出来ないのです。

そして、ノンシールドもさんざん作りましたが、高周波ノイズ(電磁波)にやられてしまい、音が薄くなるのです。多少情報量は減りますが、やはりシールドはしなければなりません。

そして、シールドはエンドのグランドと繋がり、最後の最後で絶縁しなければなりません。シールドを最後まで導通させると、音が汚くなるからです。

とにかく私は、色んなパターンでケーブルを作り尽くしております。なので、色々な市販品の超高級ケーブルと比較して来ましたが、ウエスタンスピリッツのリッツ線シールド平行絹巻きケーブルを越えるケーブルはどこにもありません。

これは自画自賛ではなく、聞かれたお客様が実際にお話になっている事です。

そして、これらのケーブルをしっかり聞き分けられる様に、システムを色々な方に助けられながら改善して、上手く鳴らしたのです。

しっかりしたシステムに繋がないと、本当に優れたケーブルを聞き分ける事が出来ないと思ったからです。

ケーブルで音を作る為でも、私個人が楽しむ為でもありません。

私自身が、普段からしっかりしたシステムを聞いてないと、本物を理解できないと思ったのです。

この信念は、絶対に揺らぐ事はありません。

ケーブルはホット(プラス)とグランド(マイナス)が同じ線では絶対に駄目(電源ケーブルは除く)なのです、特に単線同士はお話になりません。

そんなウエスタンスピリッツのリッツ線シールド平行絹巻きケーブルをモニターしてみて下さい。一ヶ月無料でお試しいただけます。貴方様の出費は、返却時の送料のみです。

>>WESTERN SPIRITSのモニターケーブルは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA