[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

フルレンジ ファンの方へ

フルレンジファンにこそ、ウエスタンスピリッツケーブルやオーディオシステムを聞いてみて欲しいと思います。

世の中には、もっと大切な何かがある、そう思うからです。

自然な音とは?まともな音とは?ゼロの音(ゼロ)とは、どんな音なのか説明したいのです。

みなさんは分かっていません。だからお伝えしたいのです。今だから伝えたいのです。

自分で勝手にオーディオをやってるのだから、それでいい、人に言われる筋合いはない。そう思われるのは勝手ですが、確かにそうなのですが、それではあまりにも進歩がなさすぎです。

私が、千葉のIさんから初めて板を敷くことを聞いた時もそうだったように、百聞は一見にしかずです。

ウエスタンスピリッツが作っているリッツ線や、音質改善の方法は、余計なものを省きシンプルにしっかりさせる事でした。

そこに、板を敷いたりしてスピーカーの低音振動をラックの下に板とバスマットを敷いて断ち切り、それでも不十分なので、機材の下にも分厚く板を敷いたのです。

そして、アコースティックりバイブのRR‐777でこちらの脳をリセットさせ、波形を整えたのです。

更に、アコースティックりバイブのQR‐8(水晶抑振体)を壁やあちこちに少量張り付け、コンサートホールの様な響きを、作ったのです。

そして、アナログプレーヤーとプリに繋いでいる、容量の大きなノイズカットトランスが、大きくきいているのです。

驚く事にこれら総ては千葉のIさんからご伝授いただいた事なのです。

世間のオーディオ常識は総て非常識ですが、中にはとんでもない情報をお持ちな方もいらっしゃるのです。でも、それにはやり方があるのです、違った方法はありません。

そして、ここまで優れたケーブルを作れたのも、オーディオシステムを構築出来たのも、様々な方の助言を私が聞き入れる事が出来る様になってからです。

なので、手前味噌ではありますが、このblogの情報もかなりのものだと自負致しております。

私は自信があるので、企業秘密はありません。

フルレンジファンに伝えたいです、大きなスピーカも上手く飼い慣らせば、フルレンジ並の音が鳴ります。是非一度、聞いてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA