[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ケーブルは定数の換えられないフィルターである

そうお話された方が以前いらっしゃいました。深く納得致しました。

他のケーブルも総てそうですが、ウエスタンスピリッツのリッツ線は、正にそのフィルターなのだと思います。

ノイズリダクションも何も通さず、綺麗な音だけを自然にこした様な雰囲気のケーブルなのです。

己のケーブルが一番とは申しませんが、たくさん聞いてきたどのリッツ線とも音がまるで違うのです。

ウエスタンスピリッツのケーブルは、グランド(マイナス)の線が1.6㎜単線だと言う事です。

市販のリッツ線は100%ホット(プラス)もグランドも同じリッツ線になっております。そして、グランドにもシールドを被せております、これは意味がありません。

なので、綺麗なだけの力のない音になるのは当たり前なのです。私も作ってみた事があるので、理解しています。

ウエスタンスピリッツのリッツ線は、エネルギー感があり、柔らかくも鋭く、耳につきまとう感じがないのです。多分これが、私の好きな音質なのでしょう。

違和感のないケーブル。存在感の消えたケーブル。ケーブルを繋いでないようなケーブル。これが、ウエスタンスピリッツの目指すところだったのです。

オーディオケーブルは総て、定数を換えられないフィルターであると、結論付けたいと思います。

皆さんは、色んな素線を探し、組み合わせ、各自で色んなフィルターを作っているようなものです。

オーディオの音質改善は、ケーブルが総てではありませんが、ケーブルで音が変わらない筈はありません。

ケーブルで音は変わります。これを聞き分けられないとオーディオは出来ません。

でも分からない貴方、耳が劣っている訳ではありません。そのアイテムが、今の貴方にないだけです。

私はむしろ羨ましいです、分かり過ぎるのは時として音楽に浸れず、つまらなくなる事もあります。

みなさん、音質ばかり聞いてないで、たまには音楽を聞きましょう。オーディオは音楽を楽しむ為にあるのです。

ケーブルもまたしかり。

そして、ウエスタンスピリッツは、更なる素晴らしい外被の素材(リネン)と出会ったのです、今作って聞いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA