[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツにご試聴に来られるお客様

特に厳しいご試聴をされる方々です。少なくとも私のファンではありません。

私を鍛え、叱咤激励したい方々なのです。そして、オーディオシステムの音質改善を終えたウエスタンスピリッツのJBLを聞かれ「これならばもっと良いケーブルが作れるね」皆さん仰る様になりました。

オーディオ屋は、経営者本人が上手く鳴ってると思っているだけでは駄目なのです。

大切なのは、やはりお客様の感想なのです。そして、自分を支持して頂ける方は大切にしなければいけませんが、ご指摘の強いお客様を大切にしなければいけないのです。

納得が行かないのと、良くなって欲しいから悪口が出るのです。そんなお客様に「貴方は分かっていない」と反論するお店が多いのですが、これはお話にならないご対応です。

お店の方は、どこがどの様に悪いのか、お客様から教えをこうべきです。そして考えるのです、答えは直ぐに出ませんが、他人を納得させられないのを放置しては進歩がありません。

ご指摘が来るのは、好みの問題ではありません。良くないから良くないとお客様が言ってるのです。

お店に来られると言う事は、なにがしかの理由でご来店され、購入もしくは良いものを探しに来られた訳です。

それを分からない店主が多いのも事実なのです。お客様同士は結構繋がっていてお店の評判を話しております。

変なご対応ではお客様は離れて行きます。親切な対応をしてもなかなか販売に結びつかないのに、変なご対応では尚更良くありません。

そして、オーディオショップである以上、音が良くて当たり前です。でも、実際は店舗は、悪い諸条件が重なり壊滅状態です。

でも、良い音を鳴らせないのはオーディオを販売してるので問題だと私は思うのです。

ウエスタンスピリッツは、ハンドメイドのオーディオケーブル屋です。けれど、自分が作ったケーブルを繋ぐシステムが、独特な鳴り方のシステムでは、とんでもない音のケーブルが出来上がってしまうと思うのです。

ですからウエスタンスピリッツは、オーディオシステムを、まともな鳴り方(標準)に仕上げたのです。

自分が聞いて楽しむなどと言う悠長なアイテムは、私にはありません。

聞かれたお客様は一様に「良いなあ、良いなあ、ここまで鳴れば毎日楽しいでしょうね?」とんでもありません。

趣味でオーディオやってれば、そうなのでしょうが。未だに、どうしても自分が鳴らしたい音が鳴らないのです。

私とスピーカーの間の総ての霧が晴れて、もっと楽器や人の口が小さく定位する事です。お客様は「これ以上ですか?」と、驚かれます。こちらは生業なのでそれは当たり前と思っております。

でもその鳴り方になるのは後少しです。しかし、その少しが難しいのです。まだ、私の経験値にない不備が何処かにある筈です。

この様な事を私は様々なお客様と探っているのです。私の人間的なスケールがまだ小さいのかも知れませんが、その鳴り方を絶対に手に入れます。

しっかり聞いていただくお客様の為に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA