[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ウエスタンスピリッツの音質改善

以前も書きましたが、ここから読まれた方の為に再度呟きます。

ウエスタンスピリッツとは、ハンドメイドのオーディオケーブル屋です。ウエスタンワイアーの音質に限界を感じ、リッツ線の開発にのり出したのは、三年ほど前の事です。

しかし、その前にウエスタンスピリッツのオーディオシステムは、上手く鳴ってないのではないか?

もっと端正に鳴らないと、作ったリッツ線のケーブルを、正しく聞き分けられないのではないか?そう思ったのです。

そして、最近迄鬼の様に何かに導かれる様に、一切の妥協なしに出来る限り丁寧に、作業を行って参りました。

そして分かった事、自分は何にも分かっていなかった事が分かったのです。

経験値だけは自信があります。その経験を元に色々な方のお話を聞き、自分なりに答えを探し、足早にオーディオシステムを改善しました。

何故オーディオは思った様に鳴らないのだろうか?答えは明白です。これが総てではありませんが、スピーカーやラックや機材の下が軟弱だからです。

スピーカーからの低音振動が、床に伝わりラックを振動させ、機材に伝わり、正常な動作を妨げてるからです。

他にも方法はあるでしょうが、ウエスタンスピリッツはこうしました。

スピーカーの下に10㎝ほどの厚さの板を床にベタに敷いたのです。

そして、スピーカーの底板と敷いた板は、ベタでは駄目なので、スピーカーと敷いた板の間に1㎝角のキューブを三個ずつ入れて浮かせたのです。理由は、スピーカーの底の素敵な低音を鳴らし、ホールのような音を作る為です。

ラックの下には、先ず床にベタに低反発のバスマットを敷き、その上に10㎝の厚さの板をベタに敷き、その上にキャスターを外したラックをベタに置き、機材の下にも10㎝厚の板を、ラックの棚板に対しベタに敷いたのです。

バスマットを敷くと、バスマットは低反発の為、余計な響きを付けずに、板だけ敷いたよりは振動を吸収出来ると考えたからです。

結果、特にアナログのハウリングマージンが劇的に改善されました。

私は体力がないので、まだやっていませんが、バスマットはスピーカーの下の板の下に、床にベタに敷いても効果があるかも知れません。

この時、スピーカーの下とラックの下の板は、絶対に分かれてないといけません。振動がラックに伝わってしまうからです。

こうする事で、完璧ではありませんが、スピーカーからの振動が激減し、機材は本来のまともな音を鳴らす様に、ウエスタンスピリッツではなったのです。

スピーカーの下に質量のある板を敷くことによってホールの様な音も形成されるのです。

鳴らないのは、スピーカーのせいではないのです。スピーカーにまともな信号が行かないのに、鳴る筈がないのです。

そして、ネットワークの配線をなくし、部品のリード線同士ををシンプルに配線させ、作るのです。

アッテネーターはDALEの固定抵抗に限ります。総てはネジ留めでなく、半田で直留めする事です。

そして、部品の方向による電気的な干渉も考え、綺麗にシンプルに配線させる事です。

更に、いつも端末や接点をピカピカにしておく事です。汚いシステムからは汚い音しか鳴りません。

そして、ホーンの下に各自で選んだ木材を前面下に敷き、ツィーターは木材でスタンドを作り、設置する事です。木材の響きは自然でしっかりしてる様に感じます。

ドライバーの下にもホーンが水平になるように、木製の角材を敷くと良いです。そして、ホーンは絶対に水平である事です。

これら総てが妥協なく出来ていれば、オーディオは、確実に貴方を感動の世界へ導いてくれる筈です。

後は木材を選ぶ経験値です。各自で色々やってみて下さい、楽しいと思います。

全く鳴らなかったウエスタンスピリッツのJBLは、この方法で見違えるほど上手く鳴ったのです。

皆さん、スピーカー側でどんなにあがいても音質はあまり改善されないのです。

スピーカーはただ、アンプから来た電気信号を振動に変えて空気を動かしているだけだからなのです。

振動でやられた機材の段階で、すでに元音は歪められているのです。そんな状態で、どんなにスピーカーに何か施しても改善される筈はないのです。

スピーカーは、自分が起こした振動で自身を鳴らなくしているのです。

このレベル迄来て初めて少しのスパイス(好み)を使うのです。スパイスは使い過ぎると、せっかくの素材そのものの個性を殺してしまうのです。

オーディオメーカーは近いところ迄、振動対策に気が付いてはおります。しかし、いろんなアクセサリーが出るので、一つのコンセプトに繋がらないのだと思います。

ウエスタンスピリッツの、振動対策が優れてるとはもうしませんが、かなりのレベルに達したのは事実です。

みなさまの、成功をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA