[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

普通のオーディオレベルを越えて

今は、違和感はかなりなくなりました。しかし、その道のりはとても遠く、直ぐに結論が出ない為、時間がかかりました。そして、まだまだ分からない事だらけです。

でも私には千葉のIさんと言う強いみかたがいます。Iさんは経験と理論があります、とにかく徹底的にオーディオを追及して来られました、そして未だに貪欲に色々試されています。

これからも止まることはないでしょう。私よりもオーディオの経験が長く、色々調べて良いと納得されたものは、総て購入し実際に時間をじっくりとかけて、試されるのです、口だけの方とは全く違います。

そして、実際に頻繁にコンサートへ行き、生の音をたくさん聞いているのです。そして、世界中を飛び回り本物中の本物を熟知されております。

決めたら悩まず行動されるタイプです、人生は短いのです。ならば行動あるのみ、そんなIさんと私は、必然的に年齢を飛び越え出会ったのだと思います。

そして、二人で色々行ってきたオーディオの音質改善方法は、もうある程度確立していると思います。

ですから私は堂々と呟く事が出来るのです。ウエスタンスピリッツに企業秘密は一切ありません。

どうぞ、ひねらないで同じに音質改善を行ってみて下さい。間違いなく音質は改善されます。

過去のblogに、その総てが失敗談も含め書いてございます。飛ばさずしっかりお読みになり、私の間違いを真似しないで下さい。

オーディオは、真面目にやれば必ず鳴るのです。鳴らないのはどこかで間違えているからです。

ウエスタンスピリッツが良い例です、今はしっかりと端正に鳴っております。

JBLもアルテックもタンノイもダイアトーンもYAMAHAもないです。私も含め鳴らせないだけなのです。特殊なスピーカーやアンプなど、どこにもないのです。

肝心なのは何を使っているかではなく、どう鳴らすのかです、鳴る素質はどんなスピーカーにもアンプにもあります。そして、なぜ理想どおりに鳴らないのか真剣に考えて欲しいのです。

どう鳴らすかは貴方の経験値であり、個々に存在する感性と少しの違いを聞き分ける事が出来る慣れの問題なのです。

そして、前後関係を正しい方向に重ねて考えていくと、振動対策と接点のシンプル化へと行き当たるのです。

そして、ウエスタンスピリッツは、そのやり方をIさんと見つけ公開したのです。

貴方の成功を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA