[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

英ちゃんの検査

今日はオーディオとは関係のない、母のお話しです。暫しお付き合いいただけたら幸いです。

母は息子である私の弟をバイク事故で亡くしてから、少しずつ元気がなくなり、現在に至ります。

母は今年82歳になりました。初期の認知症と個人的に判断致しました。自分でかなりボケて来たと頻繁に話しだしたので、今だと思い、三月に国立国際医療研究センターへ、診察の予約を入れたのです。

なんと一ヶ月半も待たされました。MRIや問診などで、母の脳細胞がどの程度死滅しているか調べ、それをこちらが理解しないと、これからの治療が進まないと思いました。

しかし、家を建てる計画もなかったのに、私は何かを感じ、二世帯住宅を建てたのです。

越してきて二年になりますが、両親は弱って来ました。父は歩くのが日をおうごとに遅くなって来ました。母は一日じゅう同じ会話を繰り返しています。

我々若夫婦が居なかったら、今頃は大変な事になっていたのは必至です。

やはり、実家を建て替えて良かったのです。これから母の認知症の検査へ行って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA