[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

スピーカーから七メートル

確かにあるのかも知れませんが、そんなに簡単なものではありません。何をして、スピーカーから七メートルを解いていらっしゃるのか説明がつかないのです。

その証拠にスピーカーボックスやリスニングルームには、いろんな形状があります。それを無視した理論だと思います。スピーカーから七メートル離れて聞ける方は、きわめてまれだと思います。

人には各々理由があり、分からないではないですが、そんな理論はまるで風水の様なものに感じます。

お部屋にもよりますが、スピーカーから大体1.5m位ごとに後ろに下がっていくと、低音が鳴る、鳴らないを繰り返します。

さて、これをどう解明するのでしょうか?実際に聞いてみて下さい。

私は確かにハッキリ感じます。

これが、低音の鳴る、鳴らないの法則ではないでしょうか?

いくら機材を高価なものに換えても、素敵な音質にはならない、その答えがここにある気がしてなりません。

電源も含め、総てがしっかりしたシステムに繋げて初めて、超高級品はそのスペックの差を出すのだと思います。

その低音とは、素敵で軽く言葉にしがたく、もっとゾッとする様な圧倒的なものなのです。

人が楽器を演奏する前の一瞬の気迫の様な、楽器の周りの空気が一瞬動く様な、風の様な音の事です。

凄い気迫があります。

その風の様な音を、ウエスタンスピリッツはもっともっと再生したいのです。

スピーカーから七メートルと、簡単に答えは出ません。そして、二本のスピーカーを内側に振ったセッティングでは、オーディオは絶対に上手く鳴りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA