[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

クリアーな低音は階下に響かない

部屋では、とても低い音階から以前より鳴って聞こえるのに、前の様に階下で聞いても響かなくなりました。

やはり歪んだ音は階下に響くのです。多分鳴りきっていないため、妙に床を通し筒抜けになるのでしょう。

ウエスタンスピリッツは、スピーカーの下に、厚さ10センチの赤タモの集成材を敷きました、それが故に音質が向上しました。

低音を減らしたのでなく、機材に伝えなくしたために、音の質が変化して階下に響かなくなったと考えました。

今プリアンプは修理に出していますが、NIKKOのパワーアンプにしてから、低音はどんどん低い音階から鳴るようになってきました。

今は、間に合わせでCROWN IC‐150Aで聞いてますが、総ての帯域は崩れる事なく、しっかり鳴っています。

もともと床はしっかり作っていただいたので、条件は揃っていたのですが。スピーカーの下に板を敷く前は結構階下に響いていました。

Eagles HELL FREEZES OVER CD No.UICY‐91059 の六曲目、ホテル カリフォルニアのバスドラが気持ち良く響きます。以前はもっとゴンゴンしていたのが分かります。

アコギの音といい、ボーカルといい、バスドラの音といい、コンサートで聞いてるみたいです。

良い音とは、あまり階下に響かないものです。響いても質が違い、あまり気になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA