[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

今まで抵抗してきたマルチシステム

どうやら、簡単に収まってしまいそうです。お金がなければオーディオは出来ない?けれどむやみにお金を使っても音は簡単には良くなりません。

マルチを成功させるには経験が必要です。

高いものの方が部品や回路が優れている、そんな簡単なものでもありません。

私はそれが言いたくてオーディオをやって来たのです。

マルチを上手く鳴らすには、プリとパワーアンプを同じメーカーで組んで、総て同じパワーアンプで統一するのが常識です。

上手い具合にNIKKOのM‐204が三台揃いました。今はLCネットワークですが、一台一台繋げて聞いてみても音質も音の大きさも揃っています。

ウエスタンスピリッツはスリーウェイで、ウーハーとツイーターの能率が101dBで揃っているので、ドライバーのレベル調整と、ユニット各々の位相の問題だけです。

とてもやり易いと思います。今のネットワークでも充分と思えますが、僅かな差に賭けたいと思いました。

パワーアンプからみたら、ネットワークの部品総てが抵抗になるため、あまり正確にカット出来てるとは思えなくなったのです。

ブリとパワーアンプの間に入るのは、チャンネルデバイダーだけです、パワーアンプとスピーカーユニットの間に入るのはスピーカーケーブルだけです。

ウエスタンスピリッツが開発したリッツ線です、抵抗が極めて少なく、優れたケーブルが繋がります。

やはり、究極はバランスの優れたリッツ線だと思います。ハッキリした綺麗で力強く、広がりと奥行きのある、静かなエッヂの利いた鳴り方になる筈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA