[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

マランツCD‐72a

ネットで探し購入致しました。千葉のIさんには、何故手持ちのフィリップスLHH‐500Rを修理に出さず、また安いマランツへ戻ったのかと、お叱りを受けそうですが。もうすぐマルチになるので、その差は埋まると思いました。

私は、JBL4560BKもそうなのですが、多分、もうスタイルが決まっているのだと思います。

LHH‐500Rの方が良いのは分かっているのですが、今さら修理に出して、また壊れたり、音が変わってしまうのが嫌なのだと思います。

それと、マランツCD‐72aは、当時マランツがのりにのっていた時代の、とても音やメカやコストパフォーマンスに秀でた商品だと思うのです。

SA7003を使って来たのですが、個人的にどうしてもSACDの音質に馴染めないのです。現代のCDは、心の琴線に触れるような魅力的な音ではありません、薄っぺらくボケているのです。

ツルンッとしていて綺麗な音だけれど、音に凄みや根性みたいなものがなく、高域は音階が広いのですが、太く低い音階がないのです。

それに対しマランツCD‐72aは、少し粗削りな音ではありますが、アナログに似た雰囲気があり、個人的には好きなのです。

今回もやはり、期待は裏切られる事はありませんでした。

家に届き一時間程聞いていると音は滑らかになってきて、やはりSACDでは鳴らなかった低い音階が鳴るのです。やはり私は、この音が好きなのです。

前回のは一ヶ月で壊れました、今回はどうでしょうか、とりあえず慣らして100時間後が楽しみです。

あースッキリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です