[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

千葉のIさん、回想録

軽く朗らかな抜けの良い低音を求めるならば、アルテック。

力を求めるならばJBL 130A+4560BKオリジナルとなります、ハッキリ言ってしまえば、ジャズの録音の状態に例えるならば、ウエストコーストと、イーストコーストサウンドの差があります。

アルテックとJBLの低音再生能力の差の事です、もっと言わせていただけるのならば、狙っている再生帯域が違うのです。

アルテックの低音はあくまでも、スクリーンに写った被写体が主役なのです、それをリアルに越えてはいけないのだとIさんは言われました。

それに対しJBLの低音は、250~100Hz辺りに盛り上がった周波数があります、出る出ないで語るならば、音質の差は全く違うのです。

アルテックは、比較的インピーダンスの暴れが少なく、フラットでフワッとした音ですが、その周波数レンジが忘れたかの様に耳では聞こえないのです。

それが、アルテックなのだとも思いました。

でもアルテックは、本物の楽器の音がするのです。JBLは誇張され、どこか違うと感じます、でも悪いのではありません。

両者の壁は絶対に埋まりません。その低音を差し引いてもやはりIさんのシステムはバロックを聞く限りにおいて、素晴らしい音がしました。

低音は、これからの課題ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です