[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

両親の介護保険申請

最近私のblogを読まれ、大変だな、等と思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、とんでもありません、本当に大変な事は、blogには百分の一も書いておりません。

その中で、確かにオーディオはしっかりやっておりますが、もうおちゃらけているレベルではありません。こんな状況でよくオーディオが出来るな?これが、一般常識でしょう?

でも、私は職人の端くれです、親の死に目に会えなくても良いと思います。裏を返せば、それが職人なのです。

父には理解出来ている様ですが、母に話すと悲しい顔をします。

でも、物作りは、両親が息耐えてもその場に立ち会えないものなのです。

父が入院している最中、家内と市役所に行き、手続きを済ませ、次の週の火曜日、認定調査員が来られ両親の調査をしていかれました、実に正確で細やかでした。

これは、我々若夫婦の為の転ばぬ先の杖です、いざ必要となった時に申し込んでも、時間がかかりどうにもならなくなってしまうから今なのです。

そうなってしまっては家族、総倒れになってしまいます。会社も休みがちになり、社会的な信用を失い困窮しかねません、正に本末転倒になります。

父も母も昔の人なので、最初は嫌がりましたが、自分達の年齢や体力の事や、私達が伝えて来た事と現在を見極め、やっと少しは理解出来たのだと思います。

今日父母の調査に真剣に立ち会い、私もやっと理解出来ました、「これからが大変なんだな」と。

父は今のままでは確実に寝たきりになります。もう年齢を考えるに、治療の方法はないのです。

対策としては、デイサービスを利用させてもらい、お風呂に入ったり、軽い運動が必要になります。

母は、認知症の為、今のままではますます出来る事が減ります。対策としては、やはりデイサービスを利用させてもらい、お風呂に入れてもらったり、他の人を見たり話したりして自分と比べたりして、少し前向きになってもらいたいと思うのです。

両親共に、世の中には自分達より更に大変な思いをしてる人がたくさんいるのを分かって欲しいのです。それでもみんな明るく、お互い寄り掛かって生きているのです、心を広くして、もっと気楽に楽しく生きて欲しいと願うのです。

両親は、今までサボった分、大変なのは分かりますが、運動をすると以前の何倍も疲れるでしょうが、良く眠れる様になるはずです、人間は、上質な睡眠が大切なのです。

軽い運動を定期的にするようにすることで、脳からドーパミンが発せられ、新たな神経が通うようになり、少しは活性化する筈です。

寝たきり老人になる前に、もう少し抗ってもらいたいのです。今は具合が悪いからと寝てばかりいます。これでは何の進歩もありません、いくら年寄りとは言え、健康は自分で作るものです。

要支援1・2でも構わないから受けられると良いね。父よ母よ、暫くは辛いでしょうが、娯楽としてでも構わないから、デイサービスへ行きましょう。そして、少しは我々にも遊ぶ時間を下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です