[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

素早い対応、もう先方から連絡が来た

これだから、新品は良い。無事届いたらしい、先方も私と同じにテスターで調べたと連絡が来た。やはり左チャンネル断線らしい、今日発送しましたと連絡が来た。
しかも、送る前に中身をテスターでチェックして頂いた、当たり前なのだが、この当たり前の事がどこのお店もなかなかやってくれないのだ、こういった症状はけっこうロットナンバーが続いて起きるのだ、この配慮はとてもありがたい。
中古をオークションで購入するとなかなかこうすんなりとはいかない。
ならば一万円位高いが、新品を購入するべし。
くれぐれも言っておくが103はダンパーがただでさえ柔らかく、しかもカンチレバーが細長い方だ、経年変化は早く、本当の真価は新しいものを購入しないと分からないと思う。
私は今回ただ安いから103を購入した訳ではない、私は若い頃の自分の調整能力を疑っただけの事だ。
話はそれるが、ここのところ私はたくさんのカートリッヂを使っていた。
その結論は、MM MC MI IM VRと発電方式は色々あるが、音の悪いカートリッヂは本当は存在しないと私は思う。
各々音に、違った味がある。
だから、何が優れているとは一概には言えない。
安価なものも高級品も音質にそんなに大きな差はない、カートリッヂは特に、各社、もっとエネルギーロスを研究してもらいたいと思った。
合わせるターンテーブルやトーンアームとの相性や、ピックアップケーブルなどと、個人の調整能力の差が、とても顕著に出るのがアナログ再生である。
だからオーディオは面白いと思う。
さて、次のDL-103はどんな音がするだろう。ワクワク。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。