[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

新たなDL-103がかなり馴染んだ。

不良交換してから、やっと馴染んだみたいだ、ならばと今までは3グラムかけていた針圧を適正針圧よりも少し重めの2.6グラムにしてみた。
それは何故か?
今は冬場だから室温が低い、いくら昼間に暖房を入れていても、夜中や出掛けている時間に冷えてダンパーが固くなっていると思うし、耳で聞いて2.5グラムよりは2.6グラムの方が安定しているからだ。0.4グラム軽くするだけで、音は開放的になった、3グラムの重厚な音も魅力的だが、それはあくまでも新しいから、ならしも含めた針圧だ。
あまりやっていると今度は、カンチレバーに負担がかかる事になる。
流石にFM放送局に納めていただけあり、殆どジャンルを選ばない。
丸針になっているからだろう、ステレオ盤もモノラル盤も上手く鳴ってくれる。何より安定しているのだ。どこといってケチのつけようがない。
お断りしておくが、私のシステムは、シェルのリード線もアームの内部配線も、PUケーブルに至る迄総てウエスタンの選ばれたる線で、アクセントをつけているからこの様な鳴り方をする。
つまり、通常よりも接点はかなり少なく、しかもシェルリード線以外は、総て直にこれも選ばれたる半田でしっかり留めてある。
これは一ヶ所半田する度に音は激変していった。
総てを一度にやってしまうから分からなくなるのだ。だから、一般的にはあまり参考にならないかも知れない。
このブログから読んでいただく方の為に、無責任になりたくないので、一応白状してみた。
だからと言って、私のシステムを古いレンジの狭い音だと思ったら、それは大きな間違いだ、実はかなりの広いダイナミックレンジを持っている。
私は全く懐古趣味はない、現代のOFC等の線も、実際に自分のケーブルの作り方でさんざんやってみた結果、今使っているウエスタンの線に辿り着いた訳だ。特にここ10年、ケーブルに使う日本の単線が全く一般に入って来なくなったのだ、昔は6Nも9Nも何でも我々ならば手に入ったのだ。
みなさん、純度が高くてもケーブルは良い音はしないのだ。
特に良質の銅が世界的にとれなくなって、1970年以降、実はリサイクルになっていて、そこに目を付けたメーカーが純度を上げ始めたのです、そして付加価値を付け値段が上がってしまったのです。
問題は純度でも太さでもなく、実は被服の質と作り方なのです、私はそれに気付いてから、かなりケーブルが分かった気がします。
ですからDL-103がここまで鳴るのです。
オーディオはとても難しいです、みなさんは間違いなく良い音に鳴っていないと私は思います。
ただ、次々と物を買い換えているだけだからです。
鳴らないのでなく、ただ、鳴らせないでいる、私はそう判断します。
私が関わったかなりなお客様逹も、はじめの頃はみなさん酷いものでした。
そりゃ趣味ですから、お金がなければオーディオはハッキリ言って出来ません。しかしお金をドブに捨てるなと言いたいのです。
極論を言えば、小さなスピーカーが私のシステムに勝るのは正直ありえないですが、その小さなシステムすら五体満足に鳴らせず、次に行く事に私は大反対。
何でも限界まで使いこなして、次のシステムアップに繋がる、オーディオとはそんな厄介なもので、時間とお金のない人には無理です。それと、他を抜くには類いまれなセンスが必要となります。
関係ないところから一点を探す、または気付くスピードが必要となります。
単なる、何と何を組み合わせてどうのこうの、をやっていてはいつまでたっても貴方はそのままでしょう。言葉は悪いが、何でも良いから、何でこうなんだろうとオーディオ以外から深く考えてみることです。必ず糸口は見つかるものです。耳をどこか一つに持っていくのでなく、全体を見張らせないと、オーディオは出来ないのです。
そこまでいけば他のカートリッヂと比べてDL-103の本当の素晴らしさが分かると思います。
ネットオークションでなく、新品を購入しなさい、オークションの103はどれもダンパーが駄目です。
壊れても私の様に不良交換は出来ないのですよ。
今、目の前でケニードーハムの静かなるケニーのアートテイラーが物凄いドラムを叩いています。
ケニーのトランペットは優しく吹っ飛んできて、唾がかかりそうな勢いです。
ポールチェンバースのウッドベースは低く沈み込んで、素晴らしいです。
トミーフラナガンのピアノは曲全体に彩りをつけて、優しく控え目で、ジェントルマンです。
どうですか?実際に鳴ってないと、こうは書けませんよ。
デンオンDL-103は優れたカートリッヂです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。