[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

千葉のIさん邸に訪問


写真は千葉のIさん拘りの東披肉、トンポーロウ、トンポウロウ、つまり豚の角煮です、圧力鍋で前の晩から煮込まれた800gの桜豚バラ肉は、三分の一の大きさになったと話していました。

ニンニクや生姜や唐辛子が入っており濃厚でさっぱりした味で、歯が必要ないほど柔らかでした、中華や沖縄の味付けではなく、拘りのIさんらしい全く別の料理でした。

それと、Iさんが豆腐屋さんから購入された湯葉がとても、美味しかったです、私と会う本日に購入されたと聞き感動しました、他にもくらま山椒や牛の時雨煮等が小鉢でついており抜群に美味しかったです。

さて問題はミッドローを再生される為に購入された巨大なホーンの音です、今までは小さなホーンでした、メインスピーカーの約一メートル手前に設置されており、完全に帯域バランスが崩れていたのですが、素質は素晴らしいと感じましたので、後5dB絞る事を提案して来ました。

本当は、メインスピーカーシステムの上に重ねて設置し、縦軸に並んだ方がバランスは良いのですが、先にウーハーと200ヘルツのクロスにするか悩まれておりました、現在は400Hzでクロスです、200Hzクロスの方が良いのは目にみえています。

部品に拘りをもって作る為に値段が30万円程になってしまうのです、なのであまり強くは言えませんでした。

お好みならば今のままでも良さそうですが、帯域バランスが崩れたままでは、アドバイスも出来ないのです。

それでも良い音だと思っていましたが、やはり、自宅に帰り、ウエスタンスピリッツの帯域バランスの整った自分のシステムと聞き比べると、全く違和感がなく音楽が爽やかで活き活きしています、ミッドもしっかりしています。

私もまだまだですが頑張ります、Iさんも帯域バランスの調整をしてみて下さい、素質はあるのですが本日は残念でした。

Iさん、何時も美味しいお食事、ありがとうございます、感謝致します。

次はウエスタンスピリッツへお越しください、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA