[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

BARONS DE ROTHSCHILD



本日も大好きなフランスのシャンパーニュのお話です、これは土曜日のお話です。

バロン・ド・ロスチャイルド、大手スーパーAEON(イオン)がやってるリカーショップで、ソムリエさんのお話と家内の第六感にひかれ購入しました。

6788円でした、本マグロの大トロ、平目、真鯛の刺し身でいただきました。

こんな値段とは思えない程葡萄の味がしっかりしていて、酸味が強く炭酸が少し粗く、抜けも早いが辛口で飲みやすいシャンパーニュでした。

少なくともモエやヴーヴクリコよりは数段上の飲み口でした、2万円超えのシャンパーニュを凌駕するくらいです。

エノテカさんが推奨する位の味ですと薦められましたが、酔口の雰囲気はやや強めでしたが、この値段でこの味ならば納得です。

普段使いのシャンパーニュが一つ見つかりました。

しかし、あくまで私達夫婦の好みだったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA