[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

使った者にしか分からない


モノラルレコードの帯域バランスを整える真空管式イコライザーアンプ、今までここまで拘った商品はなかったと思います。

モノラル盤の音は本当に素晴らしいです、普通のフォノイコライザーでは、カートリッヂだけモノラルにしても、絶対に上手く鳴りません、ただ針先が音溝にフィットしてモノラル針になったに過ぎません。

何より演奏家も指揮者も時代が違うので、訴えてくるものが違うのです、今の様にそこそこの方がレコードに録音されるのでなく、レコード会社から頼まれ録音される訳です、演奏内容が全く違うのです。

それを更に思い知らされました、やはり名演奏はもう既に終わっている、そう言い切れる位の鳴り方をしているのです。

私はこれから名盤と言われるモノラルレコードを買い漁りたいと思いました。

今聞いてるのはラフマニノフによるパガニーの狂詩曲ラプソディーでPANTHEON盤です、SP盤のような盤で、とても分厚く重いです。

カートリッヂはOrtofon cadenza MONOです、乾電池式のヘッドアンプを通して聞いています。

分厚く柔らかなハッキリした音で素晴らしいです、当然真空管式のイコライザーを繋げてるのでAUXに繋ぎます。

モノラルレコードは、針先をモノラル用にしただけでは上手く再生出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA