[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

B&W802S3

久し振りで伺ってきた、注文されていたカートリッヂオルトフォンCA25Dを届けに行ったのと、私がトランスと聞き比べ、優れていると思ったMCヘッドアンプの音を聞いてもらおうと思ったからである。驚いたのは、氏がかなり努力され、更なるパワーアップをしていたのと今日持っていったMCヘッドアンプの音である、私がそうだった様に、こちらが鳴って欲しいように鳴った。
鮮度、勢い、ダイナミックレンジ、広がり、奥行き総てにおいて勝っていた。
今まで使っていたMCトランス(トライアッドHS1)は手に入る中では、確かに至宝の一つだろう、音は躍動感に乏しく、暗いが陰影の描写に優れている、しかし、ダイナミックレンジがどうしても狭い、それと情報量、音の鮮度、低音の量が全く違うのだ、やはりトランスは音が何処かで飽和してしまう。
そして、明るく音の薄い筈のヘッドアンプは、全くうるさくも薄くもならないのだ、むしろ逆だった、我が家と全く同じ結果になった、これはケーブルとセッティングがドンピシャ決まっているからだろうと私は思った。しかしB&Wからホーンスピーカーの様なエツヂのたった人の声が聞けるとは夢にも思ってなかった。
初めてちゃんと鳴った。
氏は絶えず努力されている、以前はボケた酷い音だった、昔はエアコンを入れても切っても全く分からないと話していた、今は自分から話す、違いますよねと。エアコンを入れるとほんの少し力がなくなり、輪郭がボケて情報量が減る。
その位の細かな違いが分かった時から氏の音は飛躍的に良くなっていった。
あの鳴り方になれば大体の方は、驚く筈である。
低音が勢いをもちつつその総ては滑らかで緻密、ワイドレンジで、奥行き、空気感、広がりがでて鮮やかになり、それでいて全くうるさくならないのだ。
確かにウーハーが小さいので我が家のような、スケールの大きな低域は出ないが、立派だった。
このような音を聞いてしまうと、やはり私の様に、別々のユニットを素人考えで組み合わせるのは、無理なのかなと思う。
メーカーで合わせた位相特性や丹精な音は、個人で組んでもなかなか鳴らない。しかし、こうなると総てが結果オーライにならない筈なのだ、氏のシステムにはまだ私のシールドしたケーブルが繋がっていないのだ、多分次の日あたり音がうるさいと苦情が入る筈だ、ヘッドアンプが目覚めて来ると、信号が強烈な為、音は乾いたように明るくなり、奥行きもなくなり、低音も不足して来る筈なのだ。それは何故か?
今のケーブルはプリとパワーの間の所だけがまだシールドしてないのだ、多分ここまでのレベルになれば、外来ノイズにやられる筈だ。
そこまで鳴って初めて、ラインケーブルにシールドを被せる事が出来る。
当然フォノケーブルは総てにシールドしてあるが。
我が家がそうだった様に。その状態になったらシールドケーブルの威力はかなりのものになる。
静かに太くなり、奥行きが増して、低音が低い所まで沈む筈だ。
お断りしておくが、普通のちょっと凄い位のレベルでは、むしろまだぼけているので、シールドはしない方が鮮度が上がるのである。しかし、今日は良い音だった。
鳴りきってしまえば、どれも似たような鳴り方になると思うのは私だけだろうか?
さて、いつ苦情が入るだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。