[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

オーディオを知るには生を知る事

生の音なんか聞いてもオーディオ装置では鳴らせない、若い頃の私は勝手にそう思っていました。

しかし、優れた音を鳴らされてると評判のスーパーオーディオマニアの装置をたくさん聞いても、心に届くオーディオシステムにたどり着く事はありませんでした。

では何を基準に自分のオーディオシステムを構築すれば良いのか分からなくなります、そこで千葉のIさんがずっとお話になっていた少しでも質の良いコンサートをホールの響きを含め、楽器の音を聞きに行かなければならない、ここにたどり着いたのです。

Iさんは木材の響きを、私はトータルでの帯域バランスを掴む事が得意です。

二人の得意分野が合わさったのです。

二人が弱いのは電気の回路です、しかし、ネットワークやアンプを質の良い部品で作ったり、高価なCDプレーヤーやアンプやスピーカーユニットを購入出来たら音が良いのは目に見えています。

そして、クラシックコンサートをたくさん聞いて音質改善してきたのです、この方向が間違えてるとは思えません。

音を良くするには基準となるものが必要です、質の良いクラシックコンサートを大編成や小編成を含め、たくさん聞く事が大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA