[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ESOTERIC K‐01X








このお話は実際は土曜日の18:30からのお話しです、届きました、箱が物凄く大きくて、家内に手伝ってもらい、いったん二階までやっと運び、一人で何とか本体を引きずり出しましたが物凄く重かったですが、必死で三階のリスニングルームへ運び、ラックへ設置し繋ぎました。

初めて聞いた音はか細く力ない音でしたが、それでも素質を感じました、三十分程で情報量が増えて来ました、後はもう想像していただく他はありません、幸せです。

写真でお分かりでしょうか、拘り抜かれ世界でトップクラスのメカと回路だと思います、内部には電源トランスが四つ入っています。

この機種の上には、トランスポートとDAコンバーターがセパレートになったタイプがあり、こちらも聞いてみましたが、当たり前の様に更に素晴らしかったです。

でも値段もかなり違います、身分不相応と感じK‐01Xとしました。

私はこれが生業なので購入したのです。

世界中の優れたCDはESOTERICのドライブメカを使用しております、メカだけが総てではありませんが、これが答えになると思うのです。

日本製でこのお値段、海外製になると税金も輸送費もかかり問屋も更に利益をのせるので、同じようなクラスを作っても三倍位のお値段になる筈です。

それにやはり日本製は、真面目に作られており、性能もピカ一に優れていると思います。

別格です、静かで再生帯域が圧倒的に広く、底力があり、特に低音がまるで違うのです、アナログとの音の差の溝がかなり埋まりました。

ある意味、もっと慣らしが終わりしっかりすれば、帯域バランスはアナログすら罵倒するのではと思える程です、しかし、これはあくまで、盤にもよります。

これが同じCDプレーヤーとは到底思えません、やはりお金はかけるべきところにかけなければなりませんね。

安いものからは安い音しか鳴りません、しかし、安いものから出来る限りの努力をして、及第点を得る努力をする事が高級品を購入する前に大切だと思うのです。

音はまだ中域よりの気も致しますが、慣らしもすんでない現状で語るレベルにはありませんね。

素晴らしい!!もう普通のCDプレーヤーには戻れません。

コンサートで聞いた低音弦の音は確かに入っていましたが、マランツCD‐72aでは明らかに鳴っていませんでした。

まだ繋いだばかりで比較するレベルには達する事は出来ませんが、その音を再生出来る事は大切な事なのです。

Esoteric K‐01Xを購入できるならば是非購入した方が良いです。

全く次元が違うのです、クラシックコンサートで聞いたウッドベースの細やかなうねりを聞く事が初めて出来たのです。

そして、音の全体的な気品がまるで違うのです、佇まいが実に上品で素晴らしい、これは機材の下を木材でしっかりさせていたからです。

話はそれましたが、しっかりしたものを使えば音が良くなるのは当たり前の事です。

ある程度のお金がないならばオーディオは出来ません!!しかし、やたらとお金を使ってもオーディオは良い音にならないのです、総ては過去からの積み重ねと、たぐいまれなセンスを磨く事が大切なのです。

一晩中エージングのCDを鳴らしっぱなしにしておき朝聞いてみると、更に音が柔らかくこなれていました。

Esoteric K‐01Xを購入させてくれた家内に感謝致します、素晴らしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA