[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ここから私のblogを読まれた方へ

ウエスタンスピリッツは数限りない音質改善の末に、オーディオの真実をあぶり出し、今ではかなりのオーディオレベルに達しましたが、簡単ではありませんでした、総てのお話には必ず何故こうなったのか前後関係があります。

過去から書いてきた主観的blogですが、初めから最後までしっかりお読みにならないと、私と同じ間違いを繰り返す事になります。

良いと思って書いたブログ内容は後に間違えていたり、その時は良かった筈の商品も後に駄目な事が分かったり、私がここに達するまでの軌跡が細かく書いてあります、読んでいて気分を害される内容もあるかも知れませんが、まるで嘘つきみたいですが、総ては紛れもない事実なのです。

しかし、やはり人間は時間や場数と共に成長するもの、そこはご容赦いただきたいと思います。

このblogを必ず飛ばさないで、現在のblogと照らし合わせながら、最初から真剣にお読みになって欲しいのです、必ず何かのご参考程度にはなると思います、そして、どうしてウエスタンスピリッツが今の様な音を求める様になったのかがご理解いただけると思います。

オーディオは人が作ったものであり、使い手の間違いだらけの伝達の連続が音を悪くさせているのです。

オーディオはまだ進歩すると思いますが、既にほぼ完成されていると思います。

色々な音質改善の方法があるように感じますが、実はそんなに色々な方向はないのです、余計なひねくれた様な事はあまりしない方が良いと個人的に思います。

ウエスタンスピリッツは過去にハイエンドを強く否定していました、最近気付きましたが、それはとんでもない私の誤解だったのです。

オーディオである以上、やはり少しでも質の良い機材や部品を使う事が大切なのですが、最近のハイエンドはいかんせん値段がべらぼうです、しかし実際に周りが固まった今、購入してみて驚きました。

以前の私のレベルでは情けないお話ですが、そのレベルに到達していなかったのです、そんなシステムにハイエンドを繋げても真実の素晴らしさは聞けなかったのです。

これからアンプ等を吟味して総てをしっかりさせたいと思います。

その為にキャロット ワンを購入してみて、新しい部品で作られた音とはどんな音なのか、真空管アンプの音質も含め聞いてみたかったのです。

先ず真空管アンプの音質とは、音離れが良く濃厚な綺麗な音です、新しいアンプの音質とは、元気がありフレッシュで滑らか強くも優しく太い音です。

いくら名機と言われた往年の名機もそろそろ、部品の劣化や接点不良で音がボケて来ている、私はそう感じます。

私と同じ間違いを繰り返すことなく、正しく楽しくオーディオライフを楽しんでいただきたいのです。

とは言ってもヴィンテージにも風格や魅力を私は感じます、しっかりした所へメンテナンスしていただき、末長く使って欲しいと思います。

ただ、私はハンドメイドケーブルの作り手です、隙のない安定したシステムがどうしても必要だったのです。

お暇な時にこのblogを最初からお読みになってみて欲しいのです、必ず何かのご参考程度にはなると思います。

宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA