[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

金属と木材

とある方からの連絡で少し冷静に考えてみました。

オーディオを眺めていると、機材は総て金属で完成されています、何故私はそこに気付かなかったのか?金属のインシュレーターを敷くと適度に響きが止まります。

でも機材は総て内部の部品も含め、ほぼ金属なのです、つまり少し逃がし、そこに楽器本来の音を追加する、私はそこを狙っていたのだと思います。

スピーカーやラックや機材の下に分厚い板を敷いた音質改善方法は、確かにスピーカーからの震動を減らす事が出来ます、しかしその方法で音質改善されたのは、木材の響きが追加されたのもあると気が付きました。

つまり金属で作られた元の音に木材の響きが追加された、もっと言えば全く違う方向で経験から本来の音を求めたと言えないでしょうか?

私はスピーカーからの震動を機械に伝えなくするためだけだと語って来ました、しかし見渡すと機材は総て金属なのです。

金属のインシュレーターも加工精度によっては、経験と使い所で優れたものが作れると思います。

でも固い木材も忘れないで下さい、楽器に使われてるのは金管楽器もありますが、響きの美しい木材が多いのです。

またひとつ答えが出た気がします、オーディオに絶対はありません、金属も木材も作りと使い所だと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA