[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

色々な方向からオーディオを見つめる

オーディオはなかなか思ったように鳴りません、ある程度迄は有名なブランド品を購入すれば、確かに誰でもそこそこのレベルに達する事は可能です、しかしそれではそこそこ程度です。

でもこのblogはそんな低い内容を呟いてる訳ではないのです、私は高級オーディオのアドバイザーをまだ景気の良い最高の時にしていました。

その頃のお話です。

かなり著名な方のオーディオシステムもたくさん販売し、取り付けに伺いました、しかし何処に伺ってもその音の酷い事、私のシステムはその頃からかなりのレベルに達していたと自分では思っていました。

でもそれは大きな勘違いだったのです、何千軒聞いて来たでしょうか?

その中でもトップクラスの十人は凄まじく立派な音でした、では何故同じ様な機材を使いながらも、彼らの音は飛び抜けていたのか疑問に思います。

お金をお持ちなのも一つにはありますが、共通してるのはみなさん謙虚です、そして機材はもとより電源コンセントや接点がとても綺麗に磨かれていて、接点不良がないのです、何より経験をつんでいます。

思いました、「本人の人生のスケールがそのまま音に出るのだ」と、しかしこればかりは分からない方には永遠に分からないのです。

ですから「質の良いクラシックコンサートを生で聞きなさい」と話して来たのです。

これを知らずしてやらないのと、知っててやらないのとには、数年後大きな差がつくことになるのです、これは私が実際に経験して分かった事です、分かれば当然オーディオのやり方も変わっていくでしょう、私は変わりました。

私がいくら呟いても、お時間等を理由にみなさん殆どの方はコンサートへ行かれないでしょう、時間は作るものです。

私も最初はそうでした、実際にコンサートへ行ってみて改めてびっくりしたのです、そしてオーディオの鳴り方に強く疑問を覚えました。

ただ生の音なんか鳴らないと思うのは勝手ですが、ソフトには生に近い位かなりの情報量が入っているのです、過去の記憶と現実は全く違っていました。

私はどうしてもソフトに入っているたくさんの情報量を総てそのままに鳴らしてみたい、そう思ったのです。

ですがその中で一番上手く鳴らないのは、ストレスのない本物さながらの軽くフワッと鳴る色濃いスッキリした重低音です。

本物をたくさん知って欲しいのです、知る事で色々な事が見えて来ます、無闇に失うもの(無駄な出費)も少なくなるでしょう。

オーディオの音質改善もまたしかりではないでしょうか。

色んな方向から広い心でオーディオを見つめ正しく理解する事が大切なのです。

私もこれからそうします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA