JBLの音

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

今年も良い音を聞かせてくれている。
早くまともな部屋に持っていきたい。
広く見渡してみると、実にたくさんのスピーカーがある、しかしそのなかでJBLはやはり鳴り方が独特だ。
打楽器を鳴らし、JBLの音が気に入ったら、これより他にないだろう、そう思う。
特に私の様にオールホーンシステムならば能率が高く尚更であろう。
さぞかしアンプは楽だと思う、小さな出力で大きな音量と実在感を得ることが出来るからだ。
能率が低ければボリュームを上げれば良い、それはちょっと違うと私は思う。
アンプのトランスが頑張れば、ノイズも増えるし、音質も変わる筈だ。
ならば、能率の高いオールホーンシステムは、ボリュームを上げたら更に素敵な鳴り方をするとは言えないだろうか?
ホーンシステムは特にギターや人の声のエッヂが上手く立つ。
ソフトドームの振動板ではどうしても音は広がり綺麗だが、ホーンの様に発音がハッキリする事はないのだ。
その音が嫌いならば仕方がないが、真実は違うと私は思う。
ソフトドームの音は過去の再生音と私には聞こえる、ホーンの音は現実的に聞こえる。
JBLの低音はトロく歪んでいるのかも知れない、しかし耳で聞いて心地よい、TAD等現代のホーンスピーカーは確かに優秀だと思うが。
しかし音に引っ掛かりがない、JBLは劣等生なのかも知れないが、ここまで人を引き付けるその独特な音故に好きな人も多い、また逆もあるだろう、JAZZを聞くと、やはりこれでよしとなってしまう。
他のスピーカーではこの鳴り方はしないからだ。
ジャズは小編成である、それが上手く鳴ると言うことは、優れていると思う。
ただ、鳴らすのが他のスピーカーよりもかなり難しいのも事実だが、今年も頑張って更なる高嶺に昇りたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA