[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

質の良い小出力のトランジスターアンプ

キャロット ワンを使って来ましたが、私の絹巻きケーブルが固すぎる為、テンションがかかり引っ張られ軽いキャロット ワンは端子がショボい為動くと接触不良を起こし、頻繁にドライバーとウーハーから音が出なくなりいい加減嫌になりました。

でも不思議とツィーターに繋いでるキャロット ワンだけは接触不良はないのです。

とにかく安心して音楽に浸りたいので、安定した鳴り方にしたかったのです。

そこを狙ってキャロット ワンにしたのですが、端子がショボくて駄目でした。

ネットて調べてみると、色々な方が出力の小さな質の高いものを安価で作くり、販売されている事を知り、二台購入してみたのです。

今回購入してみたのは5Wと10Wのタイプです、こんなに小さくて大丈夫かいな?と届いた時は思いましたが、繋いでみてその音質に驚きました。

前から気付いてはいたのですが、アンプは出力イコール音ではないのです、以前ウエスタンの205Dと言う真空管で作られた0.8W出力のアンプを我が家で聞いた時の事を思いだしました。

ふてぶてしくて骨格があり鋭角で、油絵を見てる様な濃厚な音でした、とにかく音の分離が桁外れでした。

今回はトランジスターなので油絵とはいきませんが、似たような雰囲気だったのです、聞きながらこのアンプを見ていると世の中が信じられなくなります。

100時間鳴らしっぱなしで聞いて来ました。

16畳の部屋が狭くなったかのような、音楽で満ちあふれた様な音だったのです、低音は今までの何倍も下へのびました、軽々と床が地響きするかの様です、とは言っても我が家のリスニングルームの床がショボいからではありません。

これからパワーアンプも三台正式に注文しますが、今回間に合わせで購入した割りには良い買い物だったと思います。

探すと実にたくさんの色々なアンプの製作者がいらっしゃいます、私の購入したアンプはオプションを総て付けても二台で五万円位でした、大満足です。

実に感動的なロスのない図太い繊細な音になりました。

貴方も、質の良い小出力のパワーアンプを探されてみては?やはり新たなアンプは部品の定数がしっかりしていて、有り得ない位普通に良い音がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA