楓のブロックと楓の板

[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。




千葉のIさんの強いお薦めがあり購入致しました、いよいよ更に音に磨きをかける時が来たようです、鳴らし続け72時間の慣らしを終えました。

前回購入致しました楓のブロック二つはもう馴染みました、アナログのMCヘッドアンプと、CDの電源トランスのタップの下に敷きました、質量がそこそこにある為、穏やかな音なのですが、その質量の分、音は重厚な弦楽器の綺麗な音になっています。

今回はその楓ブロックを三つとCDとマスタークロックジェネレーターの下に敷く厚さ5㎝の楓の板です、重さは板の方が7~10㎏、ブロックの方は3㎏位でしょうか。

Iさんはこう仰いました、楓は弦楽器の響きが落ち着き響きが柔らか、桜は解像度とピアノの音がしっかりするとの事、Iさんの情報なら先ず間違いないでしょう。

さてどうなるでしょうか?

届いて翌日敷いたのですが、前の晩からマスタークロックジェネレーターの上に置いて馴染ませてありました、まだ馴染んでないのもあります、なので少しクリーミーな甘く弦の音がよくのびて絡まず、可愛らしい音です。

敷く前の音とは比べ物になりません、そして私は安心してアンサンブルウィーンをかけたのです、ホールで聞いたのととてもよく似ています。

もっと早くIさんの言うことを聞いて敷けば良かった…簡単に話すと何時間でも楽しく聞いていられる、そんな鳴り方になりました。

更に数時間聞き込んで行くと、敷く前は少しあった食い止まりから解放されて来ました、歪みや癖の様な嫌らしさがかなり減った様です。

それにしても、CDプレーヤーは本体が正味30㎏あります、楓の板の上に乗せたままラックに納めたのでかなりヘビーでした、遂に理想に出会った、そんな感じです。

そして丸三日間鳴らしっぱなしにして来ました、正直素晴らしいと思います。

固さはなく柔らかい中に音の芯を強く感じます、そして歪んだ感じや、色んな楽器の音が絡んだ感じが全くなくなりました。

楓の木は質量によりますが、フワッとふくよかで繊細、力もありたっぷりとしていてくもった所はなく、実に素晴らしいと思います。

これは私の勝手な解釈ですが、楓は弦楽器やホールの舞台の床や壁に多く使われて来た、これが答えだったのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA