[ お知らせ ]
この記事は、2018年11月7日に、FC2ブログからこちらのサイト(https://we-spirits.jp)へ
移転したものです。

ツィーターが鳴ると低音が変わる


なかなかこのツィーターは迫力ある映像に写りません、エール音響です、振動板はべリリュームです。

ツィーターを上手く鳴らすには、自然な帯域バランスが大切なのだと思います、それとケーブルが電磁波にやられてることも絡んでいます。

帯域バランスが整っていないと、やはり総ては鳴らないのです、普通に鳴っていると思っている貴方、オーディオはまだまだ鳴ります、帯域バランスをとるにはレベル調整だけではなく置く場所も含め実に多岐に渡ります。

シンバルをジャズライヴの様にそこだけをクローズアップしようとしても、本物の素敵なシンバルの音は鳴らせないのです。

それどころかツィーターが鳴らないのには原因がドライバーのレベルや質であったり、ウーハーが原因で鳴らなかったりしている事さえあるのです。

出来る限り優れたツィーターを探すのも良いでしょう、しかし、やはり根本を分かっていないと、そこにすら辿り着けないと思います。

そこに辿り着く為には、今使っているツィーターを最大限鳴らせる様になってからでも遅くはない、私はそう感じるのです。

つまり、じっくり今のツィーターをトータルでしゃぶり尽くしてからでも遅くはない、私はそう思います。

機材は限界を感じた時に、予算が許せばその中で最高のものに替えれば良い、私はそう思います。

今使っているものもまともに鳴らせず次にはいけない、私は勝手にそう思っております。

「自分が求めるものはこれではなくもっと他にある」この考えでは、いつまで経ってもそのままだと思います、ものに頼っていては、いつまで経っても進歩がないと思うのです。

私はそこに気が付いてから伸びた様に思います、分かってない事を分かってから音質改善が上手くいく様になったと思います。

とにかくツィーターをしっかり鳴らすなど至難の業なのです、かなりのレベルになってないとまず鳴りません。

ツィーターそのもののレベルも確かに大切なのですが、やはり下地がしっかりしていないと何を購入されても同じ事の繰り返しになると思うのです、本物を使うには、やはりこちらも本物にならなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA